photoshop

Photoshopでパッケージ機能で共通ファイルをリンクする

More than 1 year has passed since last update.

Photoshopでデザインした際、ヘッダーやフッター等の共通ファイルを相対パスでリンクする方法です。


まずはじめに

ファイルをリンクする場合、ドラッグ&ドロップか「メニュー > リンクを配置...」を使用している場合があるかと思います。

この際、Photoshop内ではパスは絶対パスとなってしまい、

自分のローカル環境以外では以下のような警告が出てしまいます。

5f1c77e0-e999-d455-148d-5ab48ee88373.png

※伏せてて分からないですが、社内共有のディレクトリを参照したパスになっている状態です

警告が出ても、「リンクを再設定」することでその場はしのげますが

この現象はパスが変わる度に発生し、

バージョン管理などでファイルを社内共有していたり、何度も直面していると大変しんどくなります。


解決方法

そこで、絶対パスから相対パスに変更するために、Photoshopの「パッケージ」機能を利用します。

以下は、既にリンク済みのファイルをパッケージ機能を使い相対パスに変更する方法です。


ファイルを開き、リンクを再設定する

まず、社内共有のパスを自分のローカルのパスになるようリンクを再設定します。

f7c8bea2-1e16-fcd1-6d2a-bc0210dba896.png

レイヤー上のエラー表示が消えていることも確認

e680685e-8814-c3ad-f60d-84a826e829e7.png



29feac8a-f34f-d511-ec98-07e4d592ebee.png


パッケージを実行

メニュー:ファイル > パッケージ

dd104457-5397-989c-adce-dacb2d97a60f.png

「サポートされてないカラースペースを…」というエラーが出た場合

稀にこんなエラーがでます。

その場合は、PSDを一度保存し閉じてから、再度開きましょう。

5854fba2-f4e5-9987-936d-f6ab594bcc4d.png


保存します

保存先を指定し、保存します。

293844af-c94b-664f-f268-9df4b277fe2f.png

保存すると、『「PSDファイル名」+フォルダー』というディレクトリが出来上がります。

リンクしていたファイルは「Links」内に格納されます。

dc2b104a-9e37-e624-a083-91c4cae91439.png


ディレクトリ内を整理します

パッケージを1つ作る度に、『「PSDファイル名」+フォルダー』というディレクトリが増えていくので、サイト制作時、下層ページが増えるごとに煩雑になるので整理します。

まず、データを管理したいディレクトリ階層にPSDを移動します。


上書きします

データを移動すると以下の様なエラーが出ますが思い切って置き換えます。

9b8af43a-c057-0d4f-4d3e-be03a89baf04.png

※心配な方はバックアップを取ったりバージョン管理を利用しましょう


Linksディレクトリを移動します

ページごとのPSDと同階層にLinksが配置されるよう移動します。

6b7c423e-9c8b-1c0b-1c50-4cd67dce1bac.png


データを確認する

データを開いて問題ないことを確認します

『メニュー:ウィンドウ > 属性』から、Linksにリンクされていることを確認します。

5daf4e9e-4cf6-72a2-1e8e-587a236a4c00.png


他のデータもパッケージ化する

他のデータも同じようにパッケージ化したら、同階層に格納していきます。

パッケージ化の度に同じ「Links」ディレクトリが生成されますが、

これは1箇所にまとめることができるので、

どんどん「Links」に格納することでまとめることが出来ます。

以上で終わりです