Edited at

msbuild


msbuildの場所

ビルドするvisual studioによって、使うmsbuildを変える。

https://qiita.com/ryo2i/items/f2028c62a03b8b0b9d85

vs2017:

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\MSBuild\15.0\Bin


.netのバージョン


msbuild 使用例

msbuild VSTest.csproj /p:Configuration=Release /p:TargetFrameworkVersion=v4.6 /t:Rebuild


Jenkinsでの自動ビルド


  • 環境変数の追加
    Jenkinsの管理>システムの設定>グローバル プロパティ>環境変数
    キー: msbuild
    値: C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\MSBuild\15.0\Bin\msbuild.exe

  • 設定>ビルド>Windowsバッチコマンドの実行
     "%MSBUILD%" /vesion


JenkinsでWindowsの環境変数を使う

# リモートからビルド

* ブラウザやcurl、wgetコマンドで下記urlにアクセスする。

http://localhost:8080/job/build/build?token=vstest