RaspberryPi

RaspbianでOpenJTalkを使う

RaspberryPiに日本語を喋らせます。必要なパッケージを追加します。

sudo apt install open-jtalk open-jtalk-mecab-naist-jdic hts-voice-nitech-jp-atr503-m001

音声合成には関係ないですが、日本語のテストをしやすくするために、フォントとIME(日本語の入力機能)を追加します。

sudo apt install ibus-mozc fonts-takao

辞書と音声ファイルを明示する必要があります。wav形式で保存します。

echo "こんにちは" | open_jtalk -x /var/lib/mecab/dic/open-jtalk/naist-jdic -m /usr/share/hts-voice/nitech-jp-atr503-m001/nitech_jp_atr503_m001.htsvoice -ow test.wav

テストには aplay というコマンドが利用できます。

aplay test.wav

上記でインストールしたのはOpenJTalkに標準で含まれる男性の声です。下記のサイトでは女性の声のサンプルを手にいれることができます。アーカイブを展開した中にある拡張子が .htsvoice のファイルを上記の open_jtalk コマンド実行時に指定してください。

https://sourceforge.net/projects/mmdagent/files/MMDAgent_Example/MMDAgent_Example-1.7/