Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

プロビジョニングによるWindows10キッティング③プロビジョニングパッケージの詳細設定と応用

Windows10のプロビジョニングを行うための基本的なパッケージの作り方は、前の記事「プロビジョニングによるWindows10キッティング① プロビジョニングパッケージの作成」を、PCへのプロビジョニングパッケージの適用については「プロビジョニングによるWindows10キッティング②プロビジョニングパッケージの適用」をご一読ください。

Windows構成デザイナーの詳細エディター

Windows構成デザイナー(ICD)のパッケージ作成ウィザードでは極めて基本的な設定によるパッケージ作成は可能ですが、現実的にそれが使えるものかというと、かなり狭い領域にしか適用シーンが思い当たりません。もうちょっと使えるパッケージを作成するためには「詳細エディター」を利用します。
詳細エディターはウィザードの「完了」ステップ画面左下にある「詳細エディターに切り替える」か、スタートページの「プロビジョニングの詳細設定」から遷移します。前者は当然ウィザードの設定を引き継ぎます。

image.png

完了画面で「詳細エディターに切り替える」をクリックすると「戻れません」的な警告が出ます。実際に戻れませんので、困る場合はプロジェクトファイルを丸ごとどこかにコピーしておきます。
image.png
詳細エディターに切り替えてみましょう。
image.png
すると左側「利用可能なカスタマイズ」に設定項目が大量に現れます。ある程度絞り込むには、表示タブを「一般的なITプロ設定」に切り替えてみます。
image.png
まぁまぁ減りましたね。ウィザードで設定した項目が右側の「選択されたカスタマイズ」に表示されていますが、一般的なITプロ設定からは消えているものもあります。なお「選択されたカスタマイズ」を含む新規にカスタマイズした項目は「利用可能なカスタマイズ」上で太字の表示になります。既存の設定項目を見ながらアタリを付けていきます。

ウィザードを経由せずこまごまとした設定を行いたい場合は、スタートページの「プロビジョニングの詳細設定」から詳細エディターを開きます。
image.png
詳細エディターに入る前に「表示および構成する設定の選択」の選択画面が開きますが、ここでは基本的に「すべてのWindowsデスクトップエディション」を選択してください。これを選択しないと後述する「コマンドの実行」が設定できません。
image.png
次へをクリックすると詳細エディターが開きます。

詳細エディターからのプロビジョニングパッケージの生成

ここで試しにプロビジョニングパッケージを出力してみましょう。「エクスポート」から「プロビジョニングパッケージ」を選択するだけです。
image.png
image.png
所有者は「IT管理者」にしておきましょう。設定項目はそれくらいです。
image.png
ここも必要に応じて設定します。
image.png
image.png
ビルドボタンをクリックするとプロビジョニングパッケージが生成されます。

詳細エディターによる設定例

詳細エディターでは簡易ウィザードではできなかった細かい設定をプロビジョニングパッケージに施す事ができます。

WPA2の設定

簡易ウィザード内ではWifiの設定についてWPA2パーソナルを選択できませんでしたが、詳細エディターでは可能です。具体的には、詳細エディターの「ConnectivityProfile > WLAN > WLANSetting」にSSIDを、WLANSetting以下に出現するWLANXmlSettingsにセキュリティタイプとキーを設定します。
image.png

WPA2エンタープライズについてもWifiプロファイル(XML)を記述すれば設定可能です。その場合は「ConnectivityProfile > WLAN > Profiles」にプロファイルの所在を指定します。プロファイルの記述方法はこちらを参照してください。

コマンドの実行

プロビジョニングパッケージによるアプリケーションインストールの実体は「ProvisioningCommands」以下の設定によるコマンドの実行です。コマンドの実行はデバイス上のコンテキストで実行する「DeviceContext」とプロビジョニングパッケージ上のコンテキストで実行する「PrimaryContext」の二種類があり、前者はPC上のファイルを実行する事、後者はプロビジョニングパッケージのファイルを実行する事ととりあえず理解してください。

例えばEmEditor(MSIパッケージ)のインストールの実体はこのようになっています。
image.png
image.png
CommandFileはプロビジョニングパッケージを生成する環境でのパスです。

スタートメニューレイアウトのカスタマイズ

スタートメニューのカスタマイズは、別途作成したレイアウトファイルを「Start > StartLayout」で指定します。
レイアウトファイルの作成方法は、現在のレイアウトファイルをエクスポートし編集するのが一番手っ取り早いやり方です。

Export-StartLayout -UseDesktopApplicationID -Path layout.xml

エクスポートされたファイルをカスタマイズし、「Start > StartLayout」に指定します。
image.png
image.png

プロビジョニングの応用

プロビジョニングパッケージでは詳細エディターにより上記のような「アプリケーションのインストール」や「Wifi設定」のみを定義する事ができ、そのパッケージをWindows10にPowerShellで適用できます。つまりPCのちょっとした、しかし手作業でやるには面倒なカスタマイズをプロビジョニングパッケージにまとめ、PowerShell一発でPCに適用できるのです。いろいろと応用の効く手法ですので是非試してみてください。

関連文書

les_paul
LaTeXが大好きだが書く機会が全くない系
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away