Edited at
D言語Day 25

D言語くんがタイピングミスを矯正しにやってくる

More than 1 year has passed since last update.

D言語/D言語くんAdvent Calendar 2016の25日目です。

突然ですが、UNIX(Linux)にディレクトリの内容を表示するlsコマンドありますよね?

lsコマンドっていつも間違いませんか?

dubを使っているD言語使いの皆さんであれば、間違って dub fetch dlからのdub run dl とか打ちますよね?

え?

ちょっと打ってみてください!

  _   _

(_) (_)
/______ \
\\(O(O \/
| | | |
| |_| |
/______/
< >
(_) (_)

ばばーん


なんだこれは

名目上は「lsコマンドのタイピングミスを矯正する高度なアニメーションを表示するプログラム」です。

はい。そろそろ何番煎じかわかりませんが、slコマンドに似せたジョークプログラムです。

slコマンド(Wikipedia):https://ja.wikipedia.org/wiki/Sl_(UNIX)

なお、ANSIエスケープコードを使っているので、Windowsで動かすにはVisual Studio Codeのターミナルとか使ってもらうと良い感じになると思います。cmd.exeだと大体の環境は変な文字列が表示されます。

Visual Studio Code公式:https://code.visualstudio.com


元ネタ

本プログラムは、2015年のD言語くんAdvent Calendarで @simd_nyan さんがAAを作り、@ueshita さんが走るプログラムを公開されたのでその内容をベースにしています。また一部2016年のアドベントカレンダーから @kotet さんのアスキーアートもCreative commonsということで利用させていただいています。


なにごとか

結果を見てそのままですが、dub fetch dlは「dubを使って、dlというパッケージをダウンロードする」、dub run dlは「dlというパッケージを実行する」というコマンドでした。

dub run <package>というコマンドで、dubに登録されている実行ファイルになるパッケージはfetch済みなら直接実行することができます。

dub run <package> -- <options>という具合に引数を渡すこともできます。(dlコマンドにも引数が…?--help…?)


まとめ

以上、dubはツールのダウンロードから実行までお手軽簡単超便利!D言語くんかわいい!というお話でした。

あとはこの仕組みを使って何か便利なツールが出てくるといいなーと期待しています。

というわけで、みなさんもお手軽にD言語くんを召喚してタイピングミスを矯正しましょう!

2016年のD言語/D言語くんアドベントカレンダーお疲れさまでした!!


関連URL