Java
カンファレンス
kubernetes

Open Developers Conference 2018 Tokyo / 聴講メモ


■これは何?


■LLイベント2018 -Learn Languages in ODC (12:00~17:30) | 12:00-13:00 Language Update (1)


■■Go


  • (なし)


■■Java


  • 最近のJava -> 柔らかく: 言語仕様も


    • Java 9 モジュール

    • Java 10, 11 var




  • モジュール: まだまだ大変(混在しているので)


    • publicがpublic過ぎる問題。。


    • = JAR + メタデータ(ソースレベル(依存性、公開範囲)


      • module_info.java

      module a {
      
      requires b;
      requires d;
      }





  • var


    • 動的になったわけじゃない

    • ローカル変数


    • ラムダ式の引数

      void foo() {
      
      var list = List.of(0, 1, 2);
      }
      (var x, var y) -> x + y;





  • In the Future...


    • Amber

    • Loom

    • Valhalla

    • Panaama




  • Open JDK LTS(3年保証)


    • 早めにテストを




■■Perl


  • (なし)



Introduction of Kubernetes & Rancher (13:00~14:45)


■■TL/DR;


  • k8sの苦行を無しにしてくれるRancher最高だからやってみ

  • Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発 入門が良すぎたので書評書いた


■■Market trend of ...


  • Amazon EKS

  • AKS

  • Docker EE/on Windows Server

  • VMware Kubernetes

  • GKE on-Prem

  • GKE serverless add-on

  • GitHub Goes All in on Kubernetes


    • SRE(Site Reliabiity Engineering)事例として...



  • Investigating of Kubernetes Platform


■■Introduction


  • Google Borgから

  • 役割と実現


    • NoOps




■■Architecture


  • Master/Node

  • Container Runtime...デフォルトはDocker

  • 分散処理基盤として考えると理解しやすいかも

  • Podはボリュームとネットワークを共有する1個以上のコンテナグループ

  • Kubernetes, Docker本、おすすめ

  • DeploymentとReplicaSetの理解大事

  • Service がL4, IngresがL7


■■Introduction of Ranchar


  • コンテナー管理プラットフォーム

  • ホスト(ノード)をつくるのは苦行...それをブラウザで

  • 1.6(DockerベースJava, Go, MySQL), 2.0(kubernetesベース)

  • カタログ機能がdocker-composeからHelmへ

  • LineがOpen Stackと一緒にゴリゴリ使っているらしい


    • アーキテクチャについてめっちゃ調べたスライドが公開されている



  • Create, Import, Manage

  • ニュートラル


■■Get Started with Rncher 2.0


  • step1: Ubuntu, 4GB, docker

  • step2: Start ther server(docker run ...)


■■Handson


  • GCPインスタンスでクラスタ作って

  • チュートリアル

  • Guestbookアプリケーション(Kubernetes公式サンプル)


■■Information