JavaScript
Node.js
Meteor

MeteorでWebアプリがカンタンにできる!超入門編

More than 3 years have passed since last update.

Meteorとは

Webアプリケーション開発をとことんまで素早く,楽に行えるようにするためのさまざまな仕組みが盛り込まれている、フルスタックフレームワーク。
Node.jsをベースとしており,全てをJavaScriptで記述できます。

その他機能

  • MongoDBが内蔵され、クライアント側からDB操作が可能
  • WebSocketを使用しており、リアルタイム処理が可能
  • ブラウザリロードしなくても、保存後、自動更新
  • 自動的にMinifyしてくれ、CoffeeScriptやSassも自動変換してくれる(Gruntが内蔵してあるかのように動いてくれる)
  • テンプレートエンジンもあり、コード管理がしやすい
  • ホスティングも兼ねていて、サーバーを持っていなくてもすぐに世の中に公開できる!

インストール

curl https://install.meteor.com/ | sh

アプリ作成

  1. 任意のディレクトリに移動
  2. 以下コマンドを実行
meteor create hellow

以下の通り、html, css, jsのひな形が自動的に作成されます

  • hello.html:通常のHTMLとは少し異なり,DOCTYPE宣言や<html>要素がなく,<template>という要素が使用されている
  • hello.js:Meteorのフレームワークに則ったコードが出力されている
  • hello.css:通常のCSSファイル

アプリ実行

アプリのディレクトリに移動

cd hellow

以下コマンドを実行

meteor

http://localhost:3000/
上記URLでブラウザでアクセス

デプロイ

meteor deploy my_app_name

URLは以下になります。
http://my_app_name.meteor.com

※全世界の人から上書きも可能w
※ID、PWもつけられる設定あり

コマンド

コマンド 説明
run [デフォルト] プロジェクトをローカルの開発環境で実行
create 新しいプロジェクトを作成
update Meteorを最新バージョンにアップデート
add プロジェクトにパッケージを追加
remove プロジェクトからパッケージを取り除く
list 利用可能なパッケージをリスト表示
bundle プロジェクトをtarballに固める
mongo 特定のサイトのMongo DBに接続
deploy Meteorにプロジェクトをデプロイ
logs 指定されたサイトのログを表示
reset プロジェクトの状態をリセットし、ローカルのデータベースを削除

感想

数分で世の中リリースできる仕組みは感動。またおもしろい。
ただし、独自記法を覚える、学習コストがあり、途中断念してしまった。。
あと、エラーがおきたら、どう対処していいかまだ分からない。。
また依存度が非常に高いので、このページだけ使うかというのはできない。
導入は慎重に検討した方が良い。

参考サイト