Edited at

pythonSDK(Macユーザー必見)

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

pythonSDKを入れる前に、

スクリーンショット 2017-11-06 21.38.38.png

で、pythonの実行ファイルの参照先を見てください。

私の場合は参照先が

/Users/hk/.pyenv/shims/python

となっておりますので、こちらのpathをメモしておいてください。

なお、画像の2行目のpathが

/usr/bin/python

の方は、macにデフォルトでインストールされているpythonを使っているので、補足部分は見なくて大丈夫だと思います。

また、pythonSDKのマックバージョンを以下の

https://developer.softbankrobotics.com/jp-ja/downloads/pepper

からダウンロードして、任意のフォルダに解凍してください。


本題

ALDEBARAN DOCUMENTATION

http://doc.aldebaran.com/2-4/dev/python/install_guide.html

には、

・Use the release of Python 2.7 that comes by default with your MacOS.

・Do not use a Python version downloaded from Python.org

と書いてありますが、実は、https://www.python.org からpython2.7系をダウンロードする必要があります!

なぜかと言いますと、

/pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64/lib/python2.7/site-packages/

にあるバイナリファイル(_qi.so)をのぞいてみると、pythonの参照先が

/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/

となっています。このディレクトリにpythonがインストールされていないと、pythonSDKは動きません。https://www.python.org からダウンロードすると、先ほど述べたディレクトリにpython2.7.14(2017.11.6(現在))がインストールされます。

また、pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64のディレクトリの構成が以前と変わっています。ターミナルで

export PYTHONPATH=${PYTHONPATH}:/yourpath/pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64/lib/python2.7/site-packages

export DYLD_LIBRARY_PATH=${DYLD_LIBRARY_PATH}:/yourpath/pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64/lib

を実行してください。yourpathには、pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64が置いてあるフォルダまでのpathを記述してください。

毎回export文を書くのが面倒な方は、bash_profileに追加しましょう。

最後に、OS X El Capitan 以降の方は、

System Integrity Protection(SIP) という新しいセキュリティー機能が原因で、Python SDK が使えないようです。

対象の方は、以下のurl

https://qiita.com/zaburo/items/c650cda45c858fe856a9

を参照してください。


補足

https://www.python.org

でインストールすると、そのpythonしか実行できなくなります。

私はpyenvでpythonを管理していたので、非常に困りました。

その理由は、bash_profileに勝手に

PATH="/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/bin:${PATH}"

が追加されるからです。

私は、pythonSDKが使えるpythonと、以前使っていたpythonを使い分けたかったので、その方法について書きたいと思います。

まずは、bash_profileに勝手に追加された

PATH="/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/bin:${PATH}"

を消してください。

その後、ターミナルでwhich pythonと入力すると、

/usr/local/bin/python

と出力されますが、こちらは/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/bin/python を参照先とするシンボリックリンク(ソフトリンク)となっているため、リンク先を変更する必要があります。ターミナルで

rm /usr/local/bin/python

と入力してください。その後、以前使っていたpythonのpathに対してシンボリックリンクを貼る必要があります。私の場合は

ln -s /Users/hk/.pyenv/shims/python /usr/local/bin/python

としました。

また、pythonSDKが入ったpythonを実行するには、私の場合

/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/bin/python

と入力する必要がありますが、面倒くさいので、シンボリックリンクを貼って、

pythonsと入力すれば起動するように設定します。

ln -s  /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/bin/python /usr/local/bin/pythons

こうすることで、

スクリーンショット 2017-11-06 21.33.14.png

スクリーンショット 2017-11-06 21.33.39.png

このように使い分けることが可能となります。

何か質問等がございましたら、コメントよろしくお願い致します!

アトリエ秋葉原スタッフ