AWS CLIで複数アカウントのアクセスキーを管理して扱う設定

More than 3 years have passed since last update.

複数のAWSアカウントを管理しなければいけないけれど、CLIだと毎回 aws configureってコマンド叩いて、管理したいアカウントのAccess Keyやらなにやらを設定しなければならないと思ったら気が狂いそう!

って調べてみましたら、やっぱりありました、複数のアカウントを扱う方法が。

aws configure help

で確認してみた所、以下の様な記載が。

SYNOPSIS

aws configure [--profile profile-name]

という事で、実際に試してみることに。

[user@server ~]$ aws configure --profile kwsmkn

AWS Access Key ID [None]: iamで取得したSecurity Credentialsから設定
AWS Secret Access Key [None]: iamで取得したSecurity Credentialsから設定
Default region name [None]: お好きなリージョンを設定
Default output format [None]: お好きなフォーマットを設定

設定完了後、確認してみると...

[user@server ~]$ less ~/.aws/config

[default]
output = json
region = ap-northeast-2
[profile kwsmkn]
output = json
region = ap-northeast-1
[fsop@kwsm-verify ~]$ less ~/.aws/credentials
[default]
aws_access_key_id = himitsu!
aws_secret_access_key = himitsu!
[kwsmkn]
aws_access_key_id = oshierarenai!
aws_secret_access_key = oshierarenai!

できてました!

これで複数アカウントのインスタンスも管理が出来るようになりました。