4
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

Amazon Cognito UserPools を iOS から使ってみる

0.はじめに

AWS がサーバーレスで推奨しているサービスを、色々と使ってみます。

以前、JavaScript からの認証を確認したので、

今度は iOS Swift からの認証の確認です。

1.Amazon Cognito User Pool と Amazon Cognito Identity Pool を作成する

Amazon Cognito User Pool と Amazon Cognito Identity Pool は、以前作成したのでそちらを利用します。

2.サンプルソースをダウンロード

  1. 以下のサイトから、サンプルソースをダウンロードします。

 
2. 利用するソースは、CognitoYourUserPools-Sample の Swift 版ですので、README に従って環境設定などを行います。

この時、
let CognitoIdentityUserPoolAppClientSecret = "YOUR_APP_CLIENT_SECRET"

let CognitoIdentityUserPoolAppClientSecret:String? = nil
に変更します。

スクリーンショット 2017-03-30 15.38.39.jpg

Signning の設定も忘れずに。

スクリーンショット 2017-03-30 15.36.53.jpg

3.iOS Swift からのサインアップ、アクティベーション、サインイン、ユーザー情報の取得

 
1. アプリを起動し、「Sign Up」リンクをタッチ

  • IMG_0008.jpg

 
2. 以下の項目を設定し、「Sign Up」ボタンを押下

  • Username : ※任意
  • Password : ※任意
  • Phone : [SMSを受信可能な電話番号] ※+81を付け、先頭の 0 は削除
  • Email : [メールアドレス]
     
  • IMG_0010.jpg

 
3. 以下の項目を設定し、「Confirm」ボタンを押下

  • Username : ※任意
  • Confirmation Code : [メールで受信したコード]
     
  • IMG_0012.jpg

 
4. 以下の項目を設定し、「Sign In」ボタンを押下

  • Username : ※任意
  • Password : ※任意
     
  • IMG_0015.jpg

 
5. ユーザー情報が表示される

  • IMG_0016.jpg

99.ハマりポイント

XX.まとめ

サンプルソースがあったので、JavaScript の時よりもすんなりいきました。
awslabs さん、ありがとう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
4
Help us understand the problem. What are the problem?