Edited at

Bitrise から Google Play へアプリをデプロイする


0.はじめに

68747470733a2f2f71696974612d696d6167652d73746f72652e73332e616d617a6f6e6177732e636f6d2f302f3134363632392f37303662313162612d656639372d356339632d663233362d3062316534623934626235302e6a706567.jpegandroid_limg_280x.jpgunnamed.png

Android アプリを提供するにあたって、Bitrise を使って、Google Play へデプロイする手順を試してみました。

Git リポジトリは、AWS CodeCommit を利用しました。


1.Worlflows


  • Activate SSH key (RSA private key) : ※デフォルト

  • Git Clone Repository : ※デフォルト

  • Install missing Android SDK components : ※デフォルト

  • Change Android versionCode and versionName : ※以下にて詳細を記載。

  • Do anything with Script step : ※デフォルト

  • Gradle Runner : ※以下にて詳細を記載。

  • Sign APK : ※以下にて詳細を記載。

  • Deploy to Bitrise.io - Apps, Logs, Artifacts : ※デフォルト

  • Google Play Deploy : ※以下にて詳細を記載。

  • app.bitrise.io_app_c47f23b8cf0338db (0).png


Change Android versionCode and versionName


  • Path to the build.gradle file REQUIRED Insert variable


    • $PROJECT_LOCATION/$MODULE/build.gradle



  • New versionName


    • $VERSION_NAME



  • New versionCode


    • $VERSION_CODE



  • app.bitrise.io_app_c47f23b8cf0338db (10).png


Do anything with Script step


  • ※特に何もしてないですが、設定ファイルの内容を出力しておくと問題が起きた時に解析し易くて便利♪

  • app.bitrise.io_app_c47f23b8cf0338db (11).png


Gradle Runner


  • Config


    • Optional path to the gradle build file to use


      • $PROJECT_LOCATION/build.gradle



    • gradlew file path REQUIRED


      • $PROJECT_LOCATION/gradlew





  • app.bitrise.io_app_c47f23b8cf0338db (12).png


Sign APK


  • ※デフォルトの設定のままで大丈夫だと思います。

  • app.bitrise.io_app_c47f23b8cf0338db (13).png


Google Play Deploy


  • Service Account JSON key file path


    • $BITRISEIO_GOOGLEPLAYANDROIDDEVELOPER_SERVICE_ACCOUNT_KEY_URL



  • Package name


    • $PACKAGE_NAME



  • app.bitrise.io_app_c47f23b8cf0338db (15).png


2.Code Signing


  • ANDROID KEYSTORE FILE


    • [2019.04.02]追記



    • *.jks


      • Android アプリのキーストアファイルをアップロードします。



    • Keystore password will be available as Environment Variable


      • キーストアファイル作成時に設定した、パスワード。



    • Keystore alias will be available as Environment Variable


      • キーストアファイル作成時に設定した、エイリアス。



    • Private key password will be available as Environment Variable


      • キーストアファイル作成時に設定した、プライベートパスワード。





  • GENERIC FILE STORAGE


    • Google Play Android Developer : *.json


      • $BITRISEIO_GOOGLEPLAYANDROIDDEVELOPER_SERVICE_ACCOUNT_KEY_URL

      • 「Google Play Deploy」で利用。





  • app.bitrise.io_app_c47f23b8cf0338db (1).png


3.Secrets


  • Secret Environment Variables


    • ※特に設定はいらないと思います。



  • app.bitrise.io_app_c47f23b8cf0338db (2).png


4.Env Vars


  • App Environment Variables


    • VERSION_NAME : ※任意


      • バージョンは、Google Play へデプロイする際に設定する必要があります。

      • 「Change Android versionCode and versionName」で利用。



    • VERSION_CODE : ※任意


      • バージョンコードは、Google Play へデプロイする際に設定する必要があります。

      • 「Change Android versionCode and versionName」で利用。



    • MODULE : app


      • 「Add new app」する際に設定を要求されます。



    • BUILD_VARIANT : Release


      • 「Add new app」する際に設定を要求されます。



    • TEST_VARIANT : Debug


      • 「Add new app」する際に設定を要求されます。



    • PROJECT_LOCATION : ※任意


      • 「Add new app」する際に設定を要求されます。

      • リポジトリにおいて、対象となるプロジェクトフォルダ



    • PACKAGE_NAME : ※任意


      • パッケージ名は、Google Play へデプロイする際に設定する必要があります。

      • 「Google Play Deploy」で利用。





  • app.bitrise.io_app_c47f23b8cf0338db (3).png


5.Google Play


99.ハマりポイント


  • そもそも「Add new app」する際に、自動的に Android のプロジェクトフォルダが検出されなくて、困りました…。以前、やった時は自動で検出されたのに…。




  • Google Play へデプロイする際の設定や「Sign APK」などがわからず、結構ハマりました…。


XX.まとめ

次は、Bitrise から iTunes Store へのデプロイの設定について、投稿出来ればと思います。

では♪


  • ※参考 :


    • 参考にさせて頂いたサイトがたくさんあったと思うんですが…、すいません、忘れてしまいました…。