Android
Theta
THETAPlugin

THETAで日本代表を応援しよう!【THETAプラグイン開発】 #thetaplugin

リコーの @kushimoto です。

いきなりですが、RICOH THETA Vは、AndroidベースのOSなので、アプリをインストールすることで機能拡張でき、THETA界隈ではアプリのことをプラグインと呼んでいます。

THETAプラグインをご存じない方はこちらをご覧ください。

興味を持たれた方はTwitterのフォローとTHETAプラグイン開発コミュニティ(Slack)への参加もよろしくお願いします。

この記事では、THETAで音を鳴らす方法を紹介して、最終的にはみんなで日本代表を応援しようと思います。


THETAを鳴らす


API

THETA本体で使われている音を再生するためのAPIが提供されています。

「きゅいんっ」っていうシャッター音とか「ぴぴぴぴぴっ」って強制終了しちゃう音とかを、自由に好きなタイミングで鳴らせるので、THETAファンにはたまりませんね。

APIとしては、以下のインテントが定義されていて、インテントをブロードキャストすることで再生できます。

Controlling Speakers | THETA Plug-in API Reference Broadcast Intent

インテント
説明

“com.theta360.plugin.ACTION_AUDIO_SHUTTER”
シャッター音

“com.theta360.plugin.ACTION_AUDIO_SH_OPEN”
長時間露光撮影開始音

“com.theta360.plugin.ACTION_AUDIO_SH_CLOSE”
長時間露光撮影終了音

“com.theta360.plugin.ACTION_AUDIO_MOVSTART”
動画撮影開始音

“com.theta360.plugin.ACTION_AUDIO_MOVSTOP”
動画撮影終了音

“com.theta360.plugin.ACTION_AUDIO_SELF”
セルフタイマー音

“com.theta360.plugin.ACTION_AUDIO_WARNING”
警告音


SDK

プラグインの開発を手助けするためにSDKが用意されています。

RICOH THETA Plug-in SDK

音以外にもボタンイベントの取得やLEDを制御する機能が含まれています。

SDKの使い方は以下の記事を参考にしてください。

上記の音系のAPIに対応するメソッドは、SDKの PluginActivity クラスで定義されています。


  • notificationAudioShutter()

  • notificationAudioOpen()

  • notificationAudioClose()

  • notificationAudioMovStart()

  • notificationAudioMovStop()

  • notificationAudioSelf()

  • notificationAudioWarning()

メソッドを呼ぶと音が鳴ります。


THETAで日本代表を応援する

本題です。

サッカーワールドカップ日本代表、惜しかったですね。

この記事は惜しくも代表戦には間に合いませんでしたが、何かしらの日本代表は常にどこかしらにいるはずなので、THETAを使って日本代表を応援する方法を紹介したいと思います。

打倒ブブゼラ


日本古来の応援といえば…

日本人なら応援といえば 三三七拍子 ですよね。知らない人はいないし、ライセンス的にも問題ないし、これしか考えられません。

と、いうことで、今回は 三三七拍子ができるTHETA を開発します!

打倒ブブゼラ


コーディング

SDKに含まれているサンプルコードの MainActivity.java を修正してみました。

サンプルコードの詳細な説明はメロンパンの記事をご覧くださいメロメロン:melon:

package com.theta360.pluginapplication;

import android.os.Bundle;
import android.view.KeyEvent;
import com.theta360.pluginapplication.task.TakePictureTask;
import com.theta360.pluginapplication.task.TakePictureTask.Callback;
import com.theta360.pluginlibrary.activity.PluginActivity;
import com.theta360.pluginlibrary.callback.KeyCallback;
import com.theta360.pluginlibrary.receiver.KeyReceiver;
import com.theta360.pluginlibrary.values.LedColor;
import com.theta360.pluginlibrary.values.LedTarget;

public class MainActivity extends PluginActivity {
private static final int INTERVAL = 350;

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.activity_main);

// Set a callback when a button operation event is acquired.
setKeyCallback(new KeyCallback() {
// ぴっ
private void pi() throws InterruptedException {
notificationLedShow(LedTarget.LED3);
notificationAudioMovStart();
Thread.sleep(INTERVAL);
notificationLedHide(LedTarget.LED3);
}

// ぴー
private void pii() throws InterruptedException {
notificationLedShow(LedTarget.LED4);
notificationAudioShutter();
Thread.sleep(INTERVAL);
notificationLedHide(LedTarget.LED4);
}

@Override
public void onKeyDown(int keyCode, KeyEvent event) {
if (keyCode == KeyReceiver.KEYCODE_CAMERA) {

try {
// 三
pi();
pi();
pi();

// 休符
Thread.sleep(INTERVAL);

// 三
pi();
pi();
pi();

// 休符
Thread.sleep(INTERVAL);

// 七
pi();
pi();
pi();
pi();
pi();
pi();
pii();

} catch (InterruptedException e) {
e.printStackTrace();
}
}
}

@Override
public void onKeyUp(int keyCode, KeyEvent event) {
}

@Override
public void onKeyLongPress(int keyCode, KeyEvent event) {
}
});
}
}

簡単に説明しますと、

            @Override

public void onKeyDown(int keyCode, KeyEvent event) {
if (keyCode == KeyReceiver.KEYCODE_CAMERA) {
try {
// 三
pi();
pi();
pi();

// 休符
Thread.sleep(INTERVAL);

// 三
pi();
pi();
pi();

// 休符
Thread.sleep(INTERVAL);

// 七
pi();
pi();
pi();
pi();
pi();
pi();
pii();

// 休符
Thread.sleep(INTERVAL);
} catch (InterruptedException e) {
e.printStackTrace();
}
}
}

ボタンが押されると onKeyDown() が呼ばれて、今回はシャッターボタン(KEYCODE_CAMERA)が押された場合に三三七拍子します。

大胆にもメインスレッドをヤッて(Thread.sleep()させて)いますが、サンプルコードとしての読みやすさを優先しています。

            // ぴっ

private void pi() throws InterruptedException {
notificationLedShow(LedTarget.LED3);
notificationAudioMovStart();
Thread.sleep(INTERVAL);
notificationLedHide(LedTarget.LED3);
}

// ぴー
private void pii() throws InterruptedException {
notificationLedShow(LedTarget.LED4);
notificationAudioShutter();
Thread.sleep(INTERVAL);
notificationLedHide(LedTarget.LED4);
}

実際に音を鳴らしているのはこれらのメソッドです。

音が鳴るだけだとそっけないので、LEDも光らせています。LEDの光らせ方もまたメロンパンの記事で説明されていますメロメロン:melon:


THETAで三三七拍子する

動かしてみるとこんな感じです(↓はYouTubeへのリンクです)。

YouTube動画

なんともいえませんね。


まとめ

この記事では、THETAで音を再生する方法を紹介し、それを使って三三七拍子ができるTHETAを作ってみました。

残念ながらブブゼラには負けてしまいましたが、もしこの記事が代表戦に間に合っていたら…みんなでTHETAで応援できていたら…もしかしたら…。