Help us understand the problem. What is going on with this article?

論文情報をSlack上で確認できるようにする

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

前回の記事では、IFTTTを使ってbioarxivの気になる分野の論文をつぶやくTwitterbotを作りました。
今回は、前回同様IFTTTの仕組みを使ってSlackに通知させるbotを作りました。と思ったらIFTTT登録せずに一瞬でSlack に RSS フィードを追加することができた話を書いています。
何はともあれ、これで、個人や研究室、仕事場などのコミュニティのSlackで論文情報が共有・確認できるようになります。

方法

1. RSSのurlを調べる(前回と同じ)

「bioarxiv RSS」などでググると分野ごとの分野ごとのrssに飛べるページが出てきます。
今回はbioinfomaticsを選んでみました。
このURLをコピーしておきます。

2. 1.で出てきたurlをslackに登録する

Slack公式ページを参考にしながら登録します。

RSS アプリをインストール

まず、Slack ワークスペースに RSS アプリを追加する

  • Slack の App Directory (App ディレクトリ) の RSS ページ にアクセスします。
  • Install をクリックします。
  • 次のページの「RSS インテグレーションを追加する」をクリックします。

App ディレクトリからフィードを追加する

RSS アプリを追加したら、フィードを追加していきます。
「フィード URL」の横に、上記1でコピーしたURLをペーストします。
フィードの更新情報を表示したいチャンネルを選択します。
「このフィードを購読する」をクリックして終了します。

image.png

これで次回論文情報が更新されると、更新情報が Slack に表示されるようになります🎉

3. ちゃんと表示されているか確認する

実際にSlackに論文情報が流れているか確認します。
image.png

完成です。

おわりに

今回は、Iftttの登録をせずにSlack に RSS フィードを追加し、論文情報をSlack上で確認できるようにしました。
個人や研究室、仕事場などのコミュニティ内の情報共有などに役立てば幸いです。

参考

kurage0807
※投稿内容は所属企業・部門見解を代表するものではありません。
nssol
お堅いと評判のユーザ系SIerです。※各記事の内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。
https://www.nssol.nipponsteel.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away