Help us understand the problem. What is going on with this article?

【第2回】branchと切替方法 〜fork〜pull request〜

More than 1 year has passed since last update.

branchとは?

https://backlog.com/ja/git-tutorial/stepup/stepup1_1.html

branchが必要な理由?

分岐したブランチは他のブランチの影響を受けないため、同じリポジトリ中で複数の変更を同時に進めていくことができます。

チェックアウト 〜branchの切替え〜

https://backlog.com/ja/git-tutorial/stepup/stepup1_3.html

fork(フォーク)〜pull request(プルリクエスト)まで

資料に従って、fork(フォーク)〜pull request(プルリクエスト)までをやってみましょう。

参照資料

forkとcloneは前回の資料を参考にして下さい。
【第1回】Gitってなに? 基本的なコマンド 〜commit push pull〜

(pull)

最新の履歴を取得する必要がある場合のみ
https://backlog.com/ja/git-tutorial/stepup/stepup3_1.html

git pull origin master                 //リモートリポジトリの履歴を取得

checkout

https://backlog.com/ja/git-tutorial/stepup/stepup1_3.html

git checkout -b develop              //developブランチを作成して切り替え
git checkout -b localのブランチ名(任意) remote名/remoteのブランチ名   //リモートブランチをローカルに作成(ブランチ名は任意)して切替

例えば、remote追跡ブランチが、remotes/hoge/developなら、[remote名/remoteのブランチ名]には、hoge/developを指定する

git branch -a                       //branchをすべて表示するコマンド
git log                             //履歴を表示するコマンド
 //チェックアウトした2つのブランチの履歴を比較してみましょう。

ファイルを編集

ここでは、hoge.htmlをディレクトリに作成します。

touch hoge.html               //hoge.htmlファイルの作成(touchコマンド)

commit

git add hoge.html            //hoge.htmlファイルをステージング(コミット対象を決める)
git commit -m "test"         //コミット(変更内容をローカルリポジトリに反映)

push

git push origin ブランチ名    //変更内容をリモートリポジトリに反映

pull request

https://backlog.com/ja/git-tutorial/pull-request/pull-request1_1.html

プルリクエストとは簡単に言うと、開発者のローカルリポジトリでの変更を他の開発者に通知する機能です。

https://backlog.com/ja/git-tutorial/pull-request/pull-request2_3.html

githubの画面で、pull request(プルリクエスト)を送ります。

【時間があれば紹介】mergeする時のconflict(競合)

下記に書いてある内容を紹介
https://backlog.com/ja/git-tutorial/stepup/stepup2_7.html

参考リンク

https://www.kaeruspoon.net/articles/1078

https://qiita.com/forest1/items/db5ac003d310449743ca

以上

kumegoon
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした