Java
wget
rpm
バージョン

CentOSでjavaのバージョン変更

More than 1 year has passed since last update.

centOSで、javaのバージョンを変更したい際の手順。
毎回調べてしまうので、自分用メモです。

書いてあることは以下の記事とほぼ同じです。
参考にさせていただきました。ありがとうございます。
https://qiita.com/Sa2/items/8ba501294df745be8c78
https://qiita.com/hajimeni/items/67d9e9b0d169bf68d1c9

今回実施した環境
 ・ CentOS release 6.9 (Final)
今回落としたいjava
 ・ java1.8.x

インストールされているjavaのバージョンを確認。
java -version

インストールされているjavaを削除。
yum remove java-1.6.0-openjdk
yum remove java-1.7.0-openjdk

削除すると、

java -version
bash: /usr/bin/java: そのようなファイルやディレクトリはありません

となる。

以下のページから、欲しいバージョンのダウンロードボタンをクリック
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

Accept License Agreement のラジオボタンにチェックを入れ、
落としたいファイルを右クリック→リンクのアドレスをコピー

wgetする。

wget --no-check-certificate --no-cookies --header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" <コピーしたアドレス>

インストール
rpm -ivh xxx.rpm

確認
java -version
java version "1.8.0_151"
...