Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
6
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

ASP.NET Coreで、bowerじゃなくてnpmから取得したパッケージをwwwrootに入れたい

ASP.NET Core Advent Calendar7日目になります。
http://qiita.com/advent-calendar/2016/asp-net

標準のASP.NET Core MVCのテンプレートを使うとbootstrap等のJSパッケージはbowerで取得するように作られています。
これをnpmから取得するように変更します。

環境

  • Visual Studio 2015 Update3
  • Node 7.2.0
  • ASP.NET Core 1.0.1

今回はcsprojではなくproject.jsonのプロジェクト構成になります。
ここからはプロジェクトが作成された後の説明になります。

Nodeを使う準備

package.jsonの作成

まずはnpm installに必要なpackage.jsonを作成します。project.jsonと同じ階層に置いてください。
パッケージの取得がメインなので細かい記述は省いています。例えばAngularJSの場合は以下のように記述します。

package.json
{
  "name": "AppName",
  "version": "1.0.0",
  "private": true,
  "dependencies": {
    "angular": "~1.5.9"
  }
}

Visual Studioで追加する方法

Visual Studioから追加する方法もあります。ソリューションエクスプローラからプロジェクトを右クリックするとQuick Install Packageがあるのでこれを選択します。
quickinstallpackage.png
左のカテゴリからnpmを選択し、パッケージ名を入力します。パッケージ名が正しければ右のバージョン選択ドロップダウンからバージョンを選ぶことができます。
すごく気づきにくいのですが、下の --save-dev は選択すると編集することができます!(気づかないよ・・・:cry:)
-devを消して--saveとした後、Installを押すと上とほぼ同じようなpackage.jsonが生成されます。
npminstall.png

Visual Studio2015はproject.jsonを見つけると自動的にnpm installしてくれるみたいですね。

publishの設定

dotnet publishでリリース版を固める時に任意のコマンドを実行することができます。ここでnpm installをするように書きます。

project.json
"scripts": {
    "prepublish": [ "npm install" ]
}

こうするとdotnet publishした時に自動的にnpmも実行されます。
Visual Studioのテンプレートから作った場合はbower installになってると思いますが、これをnpm installに変更します。

BundlerMinifier.Coreの設定

このままnpm installしてもwwwroot内に保存されないですし、保存するように書き換えたとしても、本当に欲しいのはその中のjsファイル一つだけだったりします。今回はMinifierを使うことで間接的に欲しいjsをwwwroot内にコピーする方法を紹介します。

BundlerMinifier.Coreは.NET Core版のMinifiierツールです。gulpとかでやってもいいんですけど、今回はこっち使ってみます。

project.jsonの設定

project.jsonにBundlerMinifierを登録します。

project.json
"tools": {
    "BundlerMinifier.Core": "2.0.238"
}

BundlerMinifierの最新版は.NET Core 1.1.0をターゲットとしています。1.0.1を使ってる人はこのバージョンを使うと動きます。

bundleconfig.jsonの作成

project.jsonと同じ階層にbundleconfig.jsonを作成します。ここでどのファイルをminifyするかを設定します。

bundleconfig.json
[
  {
    "outputFileName": "wwwroot/scripts/vendor.min.js",
    "inputFiles": [
      "node_modules/angular/angular.js"
    ],
    "minify": {
      "enabled": true,
      "renameLocals": true
    }
  }
]

ここでnpmから取得したjsをinputFilesに指定します。
inputFilesは複数のファイルを指定することができます。複数指定すると全部ひとまとめにギュッっと圧縮して一つのjsファイルにしてくれます。

.gitignore

.gitignoreでminifyをはじくようにしないとvendor.min.jsがコミットされてしまいます。outputFileNameで指定したjsをignoreしておきましょう。

publishの設定

先ほどnpm installするために書いたprepublishにdotnet bundleを追加します。このコマンドを実行することによってminifyが実行されます。

project.json
"scripts": {
    "prepublish": [ "npm install", "dotnet bundle" ]
}

htmlの参照を変更

htmlでminifyしたファイルを見に行くようにします。

<script src="scripts/vendor.min.js"></script>

さいごに

今回はjsのみでしたが、cssのminifyも対応してるみたいです。
私はあまりWeb系詳しくないのでなんでbowerやめる流れなのかはわからないですが、とりあえずnpmに乗り換えることはできそうです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
6
Help us understand the problem. What are the problem?