Hyper-VでサクサクAndroidエミュレータを使おう(VisualStudio2015版)

昔からAndroid開発者はエミュレータ(AVD)に泣かされてきました。特にエミュレータの起動や操作がとても遅かったのです。
最近はAndroidStudio2.0になったことによりかなり高速化されました。

新しいAVDはIntel HAXMという仮想化技術を使って実行されています。実は他の仮想化技術同士とはケンカすることが多く、共存できないものがたくさんあります。特にWindowsではHyper-VとIntel HAXMが共存できないのです。なのでこれまではHyper-Vをオフにするか、諦めておそ~~~~~~~~~~~~いエミュレータを使うしかありませんでした。

Hyper-V版Androidエミュレータの登場

最近知ってびっくりしたのですが、なんとHyper-V版のAndroidエミュレータが存在します!これを使えばIntel HAXMを使わなくてもサクサクエミュレータを使うことができます!
使うにはVisual Studio Community以上をインストールする必要があります。

手順

今回の環境

  • Windows10 Pro
  • Visual Studio 2015 Update2
  • Android Studio 2.1

インストールする前に・・・

Visual StudioのインストーラーでHyper-Vを有効にしようとするとエラーがよく出てしまうようです。なのでまずHyper-Vを有効にします。

コントロールパネル -> プログラムと機能 と進み、左にあるWindowsの機能の有効化または無効化を選択します。
hyper-v0.png
Hyper-VにチェックをつけてOKを押します。
ss-1.png
Windowsを再起動します。

Visual Studioのインストール

Visual Studio Communityのインストーラーを起動します。もしインストールされている場合は先ほどのプログラムと機能からVisual Studioを選択して変更ボタンを押すとインストーラーが起動します。
(私の環境ではすでにVisual Studioがはいっているので変更のスクリーンショットになります。)

初めてインストーラーする場合は標準かカスタムか選べますのでカスタムを選択してください。変更の場合は変更ボタンを押してください。
ss1.png

クロスプラットフォーム モバイル開発の中にMicrosoft Visual Studio Emulator for Androidがあります。私の探し求めていたものがここにあったのです!
(似たような名前のものがすぐ上にある場合は日付が新しいほうを選択してください。)
ss2.png

あとはそのままセットアップを進めてください。セットアップ後Windowsを再起動してください。

エミュレータの起動

スタートから Visual Studio Emulator for Android を起動します。
ss4.png

あとは好きなエミュレータを選んで起動すればOK!なんとAndroid6.0も対応しているんですね。
ss5.png

起動中Windows Phoneとかちょっと聞いたことない名前が出てきますが
wp.png

起動!サクサク使えます!
ss6.png

画面回転はもちろん、右にある「>>」を押すと位置情報のテストができたり、加速度のテストができます。

Android Studioとも連携

Hyper-V版エミュレータにadbで接続することもできます。なのでAndroid StudioからRunを押すとエミュレータに転送できます。もちろんデバック実行も可能です。
ss7.png

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.