Android
Hyper-V

Hyper-VでサクサクAndroidエミュレータを使おう

昔からAndroid開発者はエミュレータ(AVD)に泣かされてきました。特にエミュレータの起動や操作がとても遅かったのです。

AndroidStudio2.0からは、かなり高速化されました。

現在のAVDはIntel HAXMという仮想化技術を使って実行されています。実は他の仮想化技術同士とはケンカすることが多く、共存できないものがたくさんあります。特にWindowsではHyper-VとIntel HAXMが共存できないのです。なのでこれまではHyper-Vをオフにするか、諦めておそ~~~~~~~~~~~~いエミュレータを使うしかありませんでした。

しかし、ついにWindows10 April 2018 UpdateからHyper-Vに対応したAndroidエミュレータが使えるようになりました!これによりIntel HAXMを使わずにサクサクエミュレータを使うことができます!

2018/07/10 Android公式でHyper-V対応バージョンがリリースされました!

Android Emulator - AMD Processor & Hyper-V Support

https://android-developers.googleblog.com/2018/07/android-emulator-amd-processor-hyper-v.html

WindowsだけでなくmacOSやLinuxでも各OSが持っている仮想化技術を使うようになっていますね。

ただWindowsに関してはIntel CPUを使っているPCに関してはIntel HAXMのほうがパフォーマンスが良いと書かれていますので、どうしてもHyper-Vで使いたい人向けの設定のようです。


手順


今回の環境


  • Windows10 Pro April 2018 Update(1803)

  • Android Studio 3.1.3

Hyper-Vを使うため、Home版のWindowsではできません。また、April Updateからの機能を使うため、最新のWindows10である必要があります。


Hyper-Vの有効化

コントロールパネル -> プログラムと機能 と進み、左にあるWindowsの機能の有効化または無効化を選択します。

hyper-v0.png

Hyper-V とWindows Hypervisor Platform にチェックをつけてOKを押します。

ss-1.png

Windowsを再起動します。


Hyper-V対応エミュレータのインストール

Android Emulatorのバージョンが27.3.8以降になるようアップデートしてください。


エミュレータの作成

Android Studioから普通にエミュレータを作成します。

以前はHyper-Vが有効になっていると、起動できないから無効にしろふじこふじこと怒られていましたが、もう怒られなくなっています。


エミュレータの起動

Emulatorのバージョンが最新であればAndroid Studioから直接起動できるようになりました!

Screenshot 2018-07-22 16.27.21.png

みなさんもサクサクAndroidエミュレータを使ってサクサクな開発ライフを!