Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

@kuhen-org

第05回 独自開発した「ニューロ型データベースモデリング Ver.1」 全てのデータが簡単に【リンク先】を持てる

はじめに

【 ニューロ型データベースモデリング Ver.1 】とは

「脳を構成する神経細胞(neuron)が繋がり合って情報を司る」
という仕組み(ネイチャーテクノロジー)に着目し
私が独自で研究・開発 してきた「データベースモデリング」です。
使用する静的テーブルは「2個(2種類)だけ」なのでシンプルな構造となり結果的に基本メンテナンスフリー の 汎用データベースモデリング が出来上がりました。

詳しくは【 開発の歴史:2016-03-04~05 総務省「異能vation」協力・協賛企業マッチングイベントに「ニューロ型データベースモデリング」が選定される 】をご覧下さい。

全てのデータが簡単に【リンク先】を持てる

このデータベースモデリングを「ニューロ型」と命名した理由は

    全てのデータが簡単に【 リンク先 】を持てる

という特徴があるからです。

  • 「1対多」接続

この仕組みのおかげでテーブル間の関連付けを設定する「リレーションシップ」をコマンドでいちいち設定しなくて済むし【簡単に設定出来る】ことが非常に便利。
27.jpg

  • 「1対1」接続

リレーションを「1対1」にしたい時は各レコードの先頭にある「主キー」をリンク先に登録すれば可能だがそれには「ID(主キー)リンク先」という列を追加することになる。
28.jpg

まとめ

開発当初は、各レコードの右端に「グループIDリンク先」が2個(2列)存在していたが、暫くして
「右側に増やすのでは無く下へもう一行(1レコード)増やせばシンプルだ!」
と気が付いてこの形に落ち着いた経緯がある。

テーブル設計時に「リレーションシップ」を固定するより、この方法なら簡単に関連付けと変更が出来るので【データベースを稼働しながら開発(仕様変更)が可能】なデータベースが実現するはずだ。

関連投稿記事

第04回 独自開発した「ニューロ型データベースモデリング Ver.1」 既存データを【コンボボックス】として使ってみる
第06回 第06回 独自開発した「ニューロ型データベースモデリング Ver.2.0」がやっと完成したので公開する

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?