Help us understand the problem. What is going on with this article?

擬似クラス カラムレイアウトでの留意点

More than 1 year has passed since last update.

要件に縛られたカラムレイアウトでの留意点

カラムレイアウトに対して、擬似クラスを用いることで感覚的にレイアウトを適用できるが、複数のデザインパターン(要件)がある場合、適用方法など留意点があるので投稿いたします。

純粋な2カラムレイアウト

2カラムの間のボーダーを適用するのに
- nth-child(odd){border-right: ...}か
- nth-child(even){border-left: ...}かどちらを選択するか

image.png
見た目だけで考えればどちらを適用しても同じです。
(box-sizing: border-boxは適用されてるとする)

ですが、「画像が一枚になって、真ん中に寄るパターンもあり得る」という要件が増えることを想定したとき、画像が一枚でもnth-child(odd){border-right}は適用されてしまいます。

このことから、2カラムの間のボーダーを適用するのには、
nth-child(even){border-left: ...}を選択する方が適切だと考えます。

連結した2カラムレイアウト

画像と説明文を1つのリンク範囲内、かつ、画像間と説明間のボーダー色が違う場合、
border-leftの適用をどの要素に持たせるのか
image.png

<ul class="list">
  <li class="item">
    <a class="link">
      <div class="gazou">画像</div>
      <div><p class="desc">画像に対する説明</p></div>
    </a>  
  </li>
    <li class="item">
    <a class="link">
      <div class="gazou">画像</div>
      <div><p class="desc">画像に対する説明</p></div>
    </a>
  </li> 
</ul>
.item:nth-child(even) .gazou {
  border-left: solid 1px white;
}
.item:nth-child(even) .desc {
  border-left: solid 1px gray;
}

挙動に関しては、擬似クラス nth-childとnth-of-typeの特徴と違いをご確認いただければ、説明は不要かと思います。

パーシャル化されたcss等を使用していて、様々なデザインパターンに適用させたい場合、自由に整数値指定(nth-child(2)など)できないため、このような手段が必要になってくるかと思います。
絶賛マサカリ募集中。

kudo_kk
フロントエンドエンジニア
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした