Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
10
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@kudo_kk

高さを維持しつつ、背景からコンテンツをはみ出させる方法

More than 3 years have passed since last update.

ある程度コンテンツの高さを維持つつ、背景からコンテンツをはみ出させる方法

ヒーローイメージが多い昨今、可変な背景を求められるシーンが増えたかと思います。
可変な背景(height: auto)の中で、position: relativeとネガティブマージンを使用することで実現可能なレイアウトがありましたので、投稿いたします。

どんなレイアウトか

image.png
position: relative, position: absoluteを使用すると簡単じゃないかと思われるかもしれません。

ですが、背景がheight: autoとなると少し難易度が上がります。

まずはソース

<div class="haikei">
  背景
  <h1>タイトル</h1>
  <p>テキスト</p>
  <div class="flow">
    <div class="flow-box">

    </div>
  </div>
</div>
.haikei {
  background-color: red;
  margin: 0 auto;
  width: 400px;
}
.flow {
  position: relative;  /*  今回のメインテーマ  */
  margin-top: -60px;  /*  今回のメインテーマ   */
  top: 60px;         /*  今回のメインテーマ   */
}
.flow-box {
  height: 150px;
  width: 150px;
  background-color: blue;
  margin: 0 auto;
}

領域が確保されるまでの流れ

  • margin: -60px; で上のコンテンツを無視して突き上げる
  • あとは、浮かせつつ、下に60px動かすだけ。

浮かせつつ、下に60px動かす

  • position: relative;
  • top: 60px;

位置指定の際、position: relative, position: absoluteで有名ですが、position: relativeした要素にもtop, bottom, right, leftの指定が可能です。(相対位置)
また、スタックコンテキスト₍₍⁽⁽(ી( ・◡・ )ʃ)₎₎⁾⁾というものを生成するので、top:60pxしても背景が伸びずに、コンテンツのみ下に動きます。

特にミソだったのは、position: relativeだったかと思います。
スタックコンテキスト, z-indexと深い関係がありますので、先ほどのリンクを熟読することをオススメします。

10
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
kudo_kk
フロントエンドエンジニア

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
10
Help us understand the problem. What is going on with this article?