Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
2
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

BridgePointのインストール手順(2019年10月以降、Windows)

BridgePointを起動できなくなった?

この記事は、BridgePointをインストールして起動しようとしたら、次のようなエラーメッセージが出て起動しない場合について、その理由と対策を書いたものです。

Mac版については、同様の記事 BridgePointのインストール手順(2019年10月以降、macOS) を書いていますので、そちらを参照してください。

GSW-20191028-230029.png

A Java Runtime Environment (JRE) or Java Development Kit (JDK) must be available in order to run Bridgepoint. No Java virtual machine was found afrer searching the following locations: C:\BridgePoint\jre\bin\javaw.exe

BridgePointについて

BridgePointは、MDD(Model Driven Development:モデル駆動開発)ツールです。オブジェクト指向分析設計手法の1つであるShlaer–Mellor法やその後継であるExecutable UML(xtUML)を活用する開発を支援しています。

BridgePointは、Project Technology社が1980年代に提供を開始し、2004年にはメンター・グラフィックス社が同社(の後継会社)を買収します。のちに、メンター・グラフィックス社は、BridgePointをオープンソースとして公開し、2014年には完全なオープンソースプロダクトになりました。現在はxtUML.org が提供しています。

この記事の背景

近年のBridgePointは、Eclipseのプラグインとして、Eclipseのランタイム環境上で動作します。そのため、実行にはJavaランタイム環境(JRE)が必要です。2019年、オラクルはJavaの配布のライセンス条件を変更しました。これまでBridgePointは、オラクルが提供するJavaをパッケージに包含して配布していたので、配付パッケージを展開すれば、すぐに利用できました。しかし、オラクルの新しいライセンスによって、この方法は使えなくなりました。そこで、 xtUML開発チームは、JREのバンドルを中止することになったのです。
この経緯については この記事 を参照してください。

日本時間で2019年10月23日のNightly buildからは、この方針によるパッケージが配布されています。

Javaランタイム環境のインストール

実行環境の選択

BridgePointはEclipse上の開発環境なので、Windows、Mac、Linux上で利用できます。

そこで、まず、利用するPCの環境を決めます。
この記事では、Windows 10 Pro(64bit)を使うことに決めました。

Javaランタイム環境を確認する

BridgePointは Ver.7 になりました。Ver.7を使うには、Java 11が必要です。
以下の説明では、一部の画像や説明がBridgePoint Ver.6, Java 8のときのものがありますが、適宜読み替えてください。

以前のバージョンのJava(JREまたはJDK)を使うと、次のような症状になるようです。

  • BridgePointのWelcomeメニューが表示されない
  • Welcomeコンテツが見つからない
  • パースペクティブの切り替えに使うパレットやダイアログに、xtUMLパースペクティブがリストされない
  • サンプルとして提供されているGPS_WatchやMicrowaveOvenプロジェクトがみつからない
  • GPS_WatchやMicrowaveOvenのプロジェクトが自動的にみつからない

Javaランタイム環境を取得する

AdoptOpenJDK のWebサイトをブラウザで開くと、ビルド済みのOpenJDKをダウンロードするページが開きます。自分の選んだプラットフォームのページか確認し、違っていたら「Other platforms」から選び直します。

Version の中から、 OpenJDK 11を選んでダウンロードします。

GSW-20210422-050745.png

この画面のリンクからは、インストーラ型式(MSI型式)のファイルがダウンロードできます(ほかに、インストーラがついていない型式も選べます)。

  • jdk-11.0.11%2B9/OpenJDK11U-jdk_x64_windows_hotspot_11.0.11_9.msi
    • (バージョンは時期によって変わっているでしょう)

GSW-20210422-051743.png

インストールを実行する

ダブルクリックして、指示に従ってインストールします。

GSW-20210422-051941.png

GSW-20210422-051955.png

次へで表示される「カスタムセットアップ」の画面の下部で、デフォルトのインストール先のディレクトリが表示されていて、インストール先を確認・変更できるようになっています(基本的に変えないほうがいいと思います)。

GSW-20210422-052007.png

インストール先ディレクトリを覚えておきましょう。BridgePointのインストール後に、設定の変更に使います。

もし、途中で「ユーザーアカウント制御」の許可を求めるダイアログが表示されたら、「はい」を選択します。

GSW-20210422-052620.png

あとは指示通り進めます。

GSW-20210422-052016.png

GSW-20210422-052636.png

インストールが完了したら、コマンドプロンプトからJavaの起動を確認しましょう。

C:\Users\kuboaki>java -version
openjdk version "11.0.11" 2021-04-20
OpenJDK Runtime Environment AdoptOpenJDK-11.0.11+9 (build 11.0.11+9)
OpenJDK 64-Bit Server VM AdoptOpenJDK-11.0.11+9 (build 11.0.11+9, mixed mode)

もし、まだインストール先のディレクトリを控えていないなら、ここで控えておきましょう。

インストールしたのとは別のバージョンが表示されるようなら、コントロールパネルのシステムから環境変数を参照して、PATHに他のバージョンのJDKが含まれていないか確認しましょう。

BridgePointのインストール

BridgePointを取得する

BridgePointを配布しているWebサイトxtUML.orgをブラウザで開きます。

以前とはWebサイトデザインが変わっていますが、Nightly Buildsからダウンロードするのは変わっていません。

210211-0001.jpg

(以前のページ)
GSW-20191029-053309.png

ダウンロードページヘ移動します。
(この機会に、他のページも参照しておくのもよいでしょう)

210211-0002.jpg

(以前のページ)
GSW-20191029-053656.png

「Nightly Builds」の下端の「Downloads here」というリンクをクリックすると、最新ビルドの置いてあるAmazon S3のページが開きます。

GSW-20191029-054158.png

自分のインストール用アーカイブを選択して、ダウンロードします。
この記事では、「Windows 64-bit」を選びます。

配付アーカイブを展開する

ダウンロードできたら、zipファイルを展開して、希望の場所に配置します。

展開に使うアーカイブツールは「7-zip」を推奨します。Windowsエクスプローラーのメニューにビルドインされている展開機能ではEclipseベースのパッケージの場合、長いファイルパスが展開できない場合があります。

また、展開の手順によっては、アーカイバがフォルダを作ってからその中に展開する場合があります。展開後に bridgepoint.exe が含まれている BridgePoint フォルダが思った場所に配置できているか、もう一度確認しておきましょう。

この記事では、Cドライブのルートディレクトリに置きました。

GSW-20191029-054552.png

BridgePointの設定を修正する

次に、実行中にEclipseがメモリ不足のエラーになる場合を避けるために、BridgePointのディレクトリの中にある bridgepoint.ini を編集して、末尾にメモリの割当を変更する設定を追加します。

GSW-20210422-053440.png

動作を確認した範囲では、OpenJDKをインストーラでインストールして、javaw.exeの場所がPATHに追加されている場合には(そしてそのjavaw.exeを使うのであれば)、この記事の冒頭のエラーが発生しなくなっているようです。

もし、エラーが発生する場合、あるいはPATHに指定しているJavaを変更しないでBridgePointを利用したい場合には、 bridgepoint.ini を編集して、JavaVMの場所を指定します。

-vm というオプション項目を追加して、そこにOpenJDKをインストールしたディレクトリの bin ディレクトリを書きます。そして、ディレクトリのなかにある javaw.exe をディレクトリの記述の末尾に追記します。最後にパス名全体をダブルクォーテーションで囲んでおきます。

たとえば、次のようにします。

GSW-20210422-055308.png

この設定についてはGitHubの「HOWTO Configure BridgePoint to use a Specific JRE 」に説明したドキュメントがあります。詳しい説明が読みたい人や、ほかのプラットフォームでの設定を知りたい人は参照してください。

BridgePointを起動する

BridgePointが起動できるか確認します。BridgePointをインストールしたディレクトリの bridgepoint.exe をダブルクリックして起動してみましょう。

GSW-20191029-000204.png

スプラッシュ画面が表示されます。

GSW-20191029-000357.png

そののち、Projectで使うワークスペースを選択するダイアログが表示されます。このワークスペースはEclipseを使う場合に設定するワークスペースと同じ考え方です。自分がBridgePointを使う場所を決めて、そのディレクトリを選択しましょう。

GSW-20191029-000218.png

起動できると、「Welcome to BridgePoint UML」という画面が表示されます。「Tutorial Video」を観たり、「Quick Start」を試してみましょう。

GSW-20191029-060729.png

インストールが失敗していると

インストールが失敗していると、次のような現象が起きるようです。

  • Quick Start画面が表示されない
  • HelpメニューにWelcomeという項目がみつからない
  • xtUML Modling パースペクティブがみつからない

この場合には、BridgePointが正常にインストールできていません。
多くの場合、Java11ではなくJava8など別のバージョンでBridgePointが動作しているのが原因のようです。コマンドプロンプトでJavaのバージョンを調べたり、環境変数の設定を確認するなどしてみましょう。複数のJavaを共存させる事情などがある場合には、 bridgepoint.ini を編集して対応しましょう。

最後に

BridgePointを支えているOne Fact inc. 並びにユーザーコミュニティに感謝します。

BridgePointは、パワフルな開発手法である xtUML を支援する環境として長く培われてきた実績のある、大変優れたものです。ぜひ一度、BridgePointを使って xtUML を実践する機会を設けてみてください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
2
Help us understand the problem. What are the problem?