Posted at

proxyかんでる社内環境でpip/anacondaを動かすときに注意事項。

More than 1 year has passed since last update.

Anacondaやpipでライブラリ追加ダウンロードがうまくいかなったので戦った。備忘。

結論からいうと


  1. Anacondaの場合 → 「.condarc」を作成してproxy設定を書く

  2. pipの場合 → pip コマンドの最後に --proxy でプロキシ情報を追記する


Anacondaの場合

前提として私の場合、Anacondaおもてーということでminicondaで最低限をインストール

→ 必要に応じてライブラリを追加インストールってことをしました。


condaのインストール状況

以下ディレクトリにminicondaをインストール



C:\Users\hogedahogeo\minic



※普通は、



C:\Users\[ユーザー名]\Anaconda3



もしくは



C:\Program Files\Anaconda3



とかがディフォルトのパスになるはず。


minicの直下にファイル「.condarc」を作成

Anacondaのルートフォルダ(私の場合は C:\Users\hogedahogeo\minic)に

「.condarc」ファイルを作成する。

windowsで新規ファイル作成しようとすると、「.」が先頭で言い訳ねーだろが。と拒否されるので、 一旦

- 「hoge.txt」とかで新規ファイル作成

- コマンドプロンプトから rename作業(以下のコマンドを実行)

「ren hoge.txt .condarc」


proxy設定を追加

.condarc 内に以下を書けばOK

proxy_servers:

http: http://[プロキシアドレス]:[ポート番号]
https: https://[プロキシアドレス]:[ポート番号]
ex)http://hogedahogeo:666@TheOmen.jp:8080

わたしはここで、焦ってインデントをきちんとズラさずに書いたらエラーでました。(恥)

pythonのファイルであることをお忘れなく。と自戒。


proxyが反映されているか確認

以下コマンドで、これで設定が反映されたか確認できる。うつべし。



conda config --show


pip実行時

社内環境でネットワークアクセスにはプロキシが噛んでいる場合。これに対する対応。

pip実行時には、 --proxy [サーバ] を書くべし。

pip install beautifulsoup4 --proxy http://ID:PASS@[サーバ]:8080

参考URL

https://qiita.com/mishan88/items/2f9e1c5e9e2572ba8a36