search
LoginSignup
2

More than 1 year has passed since last update.

posted at

Deno Standard Library Working Group について

Deno (ディノ) Advent Calendar 2020、5日目の記事です。

今日は Standard Library Working Group という会議体について紹介します。

Deno Standard Library について

Deno Standard Library は Deno の標準ライブラリ集です。ソースコード的には、Deno 本体のレポジトリ の std/ ディレクトリ以下で開発されていて、基本的にはほとんどが TypeScript で実装されています (一部で wasm を使っています)。

Deno 本体は今年(2020年)5月に 1.0 がリリースされ、ある程度 API が固定化されましたが、Standard Library は 1.0 がまだリリースされておらず、現在は 0.79.0 というバージョンが最新です。

Standard Library はまだまだ発展途上で、モジュールによっては機能が全然足りていないものもあります。個人的には datetime モジュールなどは、現実的なアプリケーションを作成するためにはかなり機能不足と見ています。

Standard Library の趣旨は Node.js で多くの機能を npm (3rd party) にまかせてしまったことにより、依存の連鎖があまりにも肥大化し、node_modules が巨大化してしまったことへの反省と、それに対するソリューションとして、公式の大きなモジュール集を提供するという意図があります。

Standard Library Working Group

Standard Library の安定化のために先月 Working Group が発足しました。これは Deno に興味がある人であれば誰でも参加が可能です。 https://github.com/denoland/deno/issues/8405

参加を希望する場合は Google Group の https://groups.google.com/g/deno-std に参加しましょう。

会議体としては2週に1回のペースで Google Meet で会議が開催されます。

議題としては毎回いくつかのモジュールが選ばれて、それらの API を安定とみなすか、安定化するためには何が必要か等の議論が行われます。

第一回はつい先日 12/3 に行われました。( YouTube で録画を閲覧可能です。 https://www.youtube.com/watch?v=V-eefQqjrPY )

まとめ

今日は Deno の Standard Library Working Group の概要について紹介しました。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
2