[PHP] laravelを利用したので、インストールメモ

More than 1 year has passed since last update.


laravelインストール記事


  1. [PHP] laravelを利用したので、インストールメモ

  2. [PHP] laravelでsqliteを利用

  3. [PHP] laravelでseederを利用


laravelとは

PHPのフレームワークで、Symfonyのコンポーネントをよく利用されている。

https://laravel.com/


laravelのVersion

5.3.18


環境

VirtualBoxを利用したCentOS6.8

(Webサービスを8000番ポートで起動するため、ポートフォワーディング設定に8000番を設定)

OS:CeontOS6.8

$ cat /etc/redhat-release

CentOS release 6.8 (Final)

php:5.6.24

$ php -v

PHP 5.6.24 (cli) (built: Aug 9 2016 20:51:15)
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies


何はともあれComposerが必要

https://getcomposer.org/

https://getcomposer.org/doc/00-intro.md

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

mv composer.phar ~/bin/

※ 私の場合、homeディレクトリのbin以下に配置しておけば、コマンドとして使えるので、bin以下に設置します。


laravelのインストール

$ composer global require "laravel/installer"

$ ~/.composer/vendor/bin/laravel --version
Laravel Installer version 1.3.3

※ ~/.composer/vendor/laravel/ 以下にlaravelのインストーラがインストールされる。


プロジェクトの作成

$ ~/.composer/vendor/bin/laravel new {プロジェクト名}

$ cd {プロジェクト名}
$ php artisan --version
Laravel Framework version 5.3.18

※ プロジェクト名と書いているが、インストールディレクトリ名です。指定しなければ、ワーキングディレクトリにインストールされます。


起動する

$ php artisan serve

※ ここで罠にはまる。外部からのアクセスを許可するには、"--host 0.0.0.0"のオプションをつける必要がある。

$ php artisan serve --host 0.0.0.0

http://localhost:8000/

1-1.png


git

$ git init

$ git add .
$ git commit -m "initial commit"

Webサーバの起動まで。