Python
C
HelloWorld
raspbian
Raspberrypi3

RaspberryPi3(STRETCH )のセットアップ OSのインストールからHello Worldまで


はじめに

今までRaspberryPiのセットアップは何度も行ってきましたが、その度にセットアップ方法を検索していました。

情報を共有したい人も出てきたので、そろそろ自分でもまとめてみようと思います。

SSHの設定を書きました。


必要な機材

まずは、必要なものを準備します。


  1. Windows PC(macでも出来ますが、所有していないので省略します)

  2. RaspberryPi3 Model B

  3. micro SDカード(8GB以上推奨)

  4. HDMIケーブル

  5. ディスプレイ(HDMI対応)

  6. microUSBケーブル

  7. キーボード

  8. マウス


1. OSイメージのダウロード

以下のサイトから必要なOSイメージをダウンロードします。

本家サイト

多数のOSが公開されていますが、今回はRaspbianをダウンロードします。

DESKTOP、LITHの2種類がありますが、下記のような特徴があります。

DESKTOP:標準でデスクトップ環境が入っており、初心者向け

LITH  :CUI環境のみ、軽量でサーバ向け

今回はDESKTOP版を選択します。

下記のリンクをクリックするとダウンロードが始まります。

RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP 2018-04-18

Raspbian.png

ダウンロードしたイメージはツールで解凍してください。

※2018/05/25日現在では kernel version 4.14が最新です。


2. OSイメージをSDカードに書き込む


  1. Win32 Disk Imagerをインストールする

      


  2. microSDカードをPCに差し込む

     


  3. アプリを起動し、Image Fileに先ほどダウンロードしたOSイメージを、DeviceにはSDカードがマウントされているドライブを指定する

    ※Deviceは絶対に間違えないようにしてください。

     私は間違えてUSBメモリを指定し、ファイルを上書きしたことがあります。。。。

    Win32 Disk Imager.png

     

     


  4. Writeボタンをクリックし書き込む

    Win32 Disk Imager(2).png



3. RaspberryPiを起動する


  1. SDカードをセットする

     先程、OSイメージを入れたmicroSDカードをRaspberryPiに差し込みます。 

     20180527_082548 - .jpg

     


  2. HDMIケーブルを接続する

     20180527_081904 - コピー.jpg 

     


  3. micro USBケーブルを差し込む

     20180527_083633 - コピー.jpg 


 

4. 電源を入れる

 緑色のLEDが点滅すればRaspberryPiの電源が入っています。

 赤色のLEDはRaspberryPiの電源が入っているかは関係なく、電源に接続されていれば点灯します。

 20180527_083657 - コピー.jpg

 

5. ディスプレイを確認する

 RaspberryPiを起動すると以下のような画面が表示されます。

 これで起動が完了しました。

 2018-05-22-131458_1824x984_scrot - コピー.png


4.初期設定を行う


1. 設定画面を開く


  1. ターミナルを起動しコマンドを実行する

     画面左上の黒いアイコンをクリックします。

     2018-05-22-131458_1824x984_scrot - コピー (2).png 

     


  2. ターミナルにコマンド入力する


$ sudo raspi-config

 2018-05-22-131629_631x270_scrot - コピー.png

  コマンドを入力しEnterキーを押すと以下のような画面が開きます。

  この画面で各種設定を行います。

  2018-05-22-131702_783x375_scrot - コピー.png

 


2. microSDカードのパーティションを拡張する

 「7 Advanced Options」を選択します。

 矢印キーでカーソルを合わせ、Enterで選択できます。

 2018-05-22-223015_783x375_scrot - コピー.png

 

 「A1 Expand Filesystem」を選択します。

 2018-05-22-223022_783x375_scrot - コピー.png

 

 これでパーティションの拡張が完了しました。

 2018-05-22-223031_783x375_scrot - コピー.png


3. ロケーション変更


  1. 日本語化

 「4 Localisation Options Set up ......」を選択します。

 2018-05-22-132522_783x375_scrot.png

 

 「I1 Change Locale」を選択します。

 2018-05-27-110123_655x390_scrot.png

 「ja_JP.UTF-8 UTF-8」に合わせ、Spaceキーで*を付けます。

 Tabキーで<OK>に移動し、Enterキーで決定します。

 2018-05-27-111142_655x390_scrot.png

 「ja_JP.UTF-8」を選択します。

 2018-05-27-111202_655x390_scrot.png

 以上で日本語化が完了です。

 再起動で日本語に切り替わりますが、再起動は初期設定がすべて終わってからします。

 

2. タイムゾーンを日本に合わせる

 「I2 Chage Timezone」を選択します。

 2018-05-22-132602_783x375_scrot.png

 「Asia」を選択します。

 2018-05-22-132618_783x375_scrot.png

 「Tokyo」を選択します。

 2018-05-22-132642_783x375_scrot.png

 以上で時間が日本時間となります。

3.キーボード設定

 「I3 Chage Keyboard Layout」を選択します。

 2018-05-27-114750_655x390_scrot.png

 「Generic 105-key (Intel) PC」を選択します。

 2018-05-27-114850_655x390_scrot.png

 USキーの設定が出てきたら「Other」を選択します。

 2018-05-27-115124_655x390_scrot.png

「Japanese」を選択します。

 2018-05-27-115135_655x390_scrot.png

 「Japanese - Japanese(OADG 109A)」を選択します。

 2018-05-27-115144_655x390_scrot.png

 「The default for the keyboard layout」を選択します。

 2018-05-27-115150_655x390_scrot.png

 「No compose key」を選択します。

 2018-05-27-115156_655x390_scrot.png

 「No」選択します。

 2018-05-27-115210_655x390_scrot.png

 以上でキーボードの設定が完了しました。

4. Wifi設定(国)

 「I4 Change Wi-fi Country」を選択します。

 2018-05-22-222702_783x375_scrot.png

 「JP Japan」を選択します。

 2018-05-22-222724_783x375_scrot.png

 「OK」を選択します。

 2018-05-22-222734_783x375_scrot.png


4. インタフェース・オプションの変更

1. カメラモジュールの有効化

 「Inerfacing Options」を選択します。 

 2018-05-27-121110_655x390_scrot.png

「P1 Camera」を選択します。

 2018-05-27-121117_655x390_scrot.png

 <Yes>を選択します。

 2018-05-27-121132_655x390_scrot.png

 以上でカメラモジュールが有効化されました。

 その他、SSH・I2Cなど必要に応じて有効化しましょう。


5. インターネット接続

 「2 Network Options」を選択します。

 2018-05-27-122149_655x390_scrot.png

 「N2 Wi-fi」を選択します。

 2018-05-27-122201_655x390_scrot.png

 接続したいネットワークのSSIDを入力します。

 2018-05-27-122252_655x390_scrot.png

 パスワードを入力します。

 2018-05-27-122315_655x390_scrot.png

 以上でwifiの設定が完了しました。


6. 再起動

 「Finish」を選択します。

 2018-05-27-123012_655x390_scrot.png

 再起動を要求されたら再起動を行います。

 以上で初期設定が終わりました。

 お疲れ様でした。

 この初期設定が終わった段階で、OSイメージのバックアップをしておくと、次回から初期設定の手間が省けます。


5. ソフトウェアの更新

1.パッケージリストの更新

$ sudo apt-get update

2.インストール済みパッケージの更新

$ sudo apt-get upgrade

3. distを最新バージョンにアップグレード

$ sudo apt-get dist-upgrade

1、2の手順はRaspberryPiを起動する度に行うと良いです。


6. HelloWorld

 さて、ようやく初期設定が終わりました。

 次は、恒例のHelloWorldを表示させたいと思います。

 今回はRaspberryPiにおいてよく使われるPythonとC言語で行います。


PythonでHelloWorld


  1. エディターを起動

 今回はviを使いますが、お好みのエディターをお使いください。

 CUIベースでは「nano」、GUIベースでは「gedit」が使いやすいです。

 統合開発環境としてはPython3(IDLE)がデフォルトで入っています。

 vim、nanoなどのエディターを使用する場合はインストールが必要です

$ sudo apt-get install vim

$ sudo apt-get install nano

2.コーディング

 テキストエディターを起動し、プログラムを記述します。

$ vi hello.py


hello.py

print ("Hello World")


3.実行

 Pythonはスクリプト言語のため、コンパイルは不要です。

$ python3 hello.py

Hello World


C言語でHelloWorld

1.エディターを起動

$ vi hello.c

2.コーディング


hello.c

#include <stdio.h>


int main(){
printf("Hello World\n");
return 0;
}

3.コンパイル

$ gcc -o hello hello.c

4.実行

$ ./hello

Hello World


7. まとめ

これでRaspberryPiの初期設定とHello Worldが終わりました。

いかがでしたか?

初期設定は大変なものですが、一度しておけばしばらくすることはないと思います。

バックアップをとっておくことをオススメします。

今回はHello Worldを表示させるだけでしたが、PythonやC言語でLチカもできます。

これについては、後日書こうと思います。

ではまた。

SSHの設定を書きました。


8. 参考サイト

RaspberryPi本家サイト

https://www.raspberrypi.org/

RaspberryPiセットアップ(書き込み~SSH設定まで)

https://qiita.com/Halhira/items/1da2ae543217be26988a

RaspberryPiパッケージのアップデート方法

http://my-web-site.iobb.net/~yuki/2017-07/raspberry-pi/update/