Edited at

[Xcode]バージョンアップ時などにpluginsが効かなくなる時の対処

More than 3 years have passed since last update.

バージョンアップのたびにググってたので自分メモも兼ねて.


  • まずは現バージョンのUUIDをチェック

defaults read /Applications/Xcode.app/Contents/Info.plist DVTPlugInCompatibilityUUID


  • それを各プラグインのInfo.plistに追加

find ~/Library/Application\ Support/Developer/Shared/Xcode/Plug-ins -name Info.plist | xargs -IFILE defaults write FILE DVTPlugInCompatibilityUUIDs -array-add 上のコマンドで得たUUID

あとはXcodeを再起動してLoad Bundleを選択すれば完了.


手が滑ってSkip Bundleを選択してしまった時の対処

以下を実行すれば初期化される.

最後の7.1.1の部分は現在のXcodeのバージョンを指定

defaults delete com.apple.dt.Xcode DVTPlugInManagerNonApplePlugIns-Xcode-7.1.1


コピペも面倒な人はaliasに登録

alias xcode-uuid='defaults read /Applications/Xcode.app/Contents/Info.plist DVTPlugInCompatibilityUUID'

alias xcode-add='find ~/Library/Application\ Support/Developer/Shared/Xcode/Plug-ins -name Info.plist | xargs -IFILE defaults write FILE DVTPlugInCompatibilityUUIDs -array-add'

こんな感じで一瞬で設定できる.

$ xcode-uuid

xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
$ xcode-add xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx


さらに簡単に実行する(2016/06/09 追記)

function update_xplugins() {

uuid=`defaults read /Applications/Xcode.app/Contents/Info.plist DVTPlugInCompatibilityUUID`
find ~/Library/Application\ Support/Developer/Shared/Xcode/Plug-ins -name Info.plist | xargs -IFILE defaults write FILE DVTPlugInCompatibilityUUIDs -array-add $uuid
}

$ update_xplugins


参考

自分が登録してるPluginsを紹介

KSImageNamed

 UIImageのファイル名を補完してくれる.

 画像プレビュー機能もある.

 Swiftには対応してないのが残念.

OMColorSense

 エディタ上のUIColorをビジュアライズ.

 フォーカスがあたるとカラーが出るので色の確認に便利

 これもSwiftには対応してない.

 でも,[UIColor redColor]みたいに手打ちすると同じようにビジュアライズしてくれる.

Hex Color Picker

 カラーピッカーで,色を16進数で指定できるようになる.

XVim

 XcodeでもVim使いたい人向け

VVDocumenter-Xcode

 Javadoc風のコメントを自動生成してくれる.

XToDo

 TODO,FIXME,???,!!!! がついたコメントを一覧表示してくれる.

 Swiftでは#warningが使えないこともあり,割と重宝