search
LoginSignup
11

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

[Xcode]バージョンアップ時などにpluginsが効かなくなる時の対処

バージョンアップのたびにググってたので自分メモも兼ねて.

  • まずは現バージョンのUUIDをチェック
defaults read /Applications/Xcode.app/Contents/Info.plist DVTPlugInCompatibilityUUID
  • それを各プラグインのInfo.plistに追加
find ~/Library/Application\ Support/Developer/Shared/Xcode/Plug-ins -name Info.plist | xargs -IFILE defaults write FILE DVTPlugInCompatibilityUUIDs -array-add 上のコマンドで得たUUID

あとはXcodeを再起動してLoad Bundleを選択すれば完了.

手が滑ってSkip Bundleを選択してしまった時の対処

以下を実行すれば初期化される.
最後の7.1.1の部分は現在のXcodeのバージョンを指定

defaults delete com.apple.dt.Xcode DVTPlugInManagerNonApplePlugIns-Xcode-7.1.1

コピペも面倒な人はaliasに登録

alias xcode-uuid='defaults read /Applications/Xcode.app/Contents/Info.plist DVTPlugInCompatibilityUUID'
alias xcode-add='find ~/Library/Application\ Support/Developer/Shared/Xcode/Plug-ins -name Info.plist | xargs -IFILE defaults write FILE DVTPlugInCompatibilityUUIDs -array-add'

こんな感じで一瞬で設定できる.

$ xcode-uuid
xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
$ xcode-add xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx

さらに簡単に実行する(2016/06/09 追記)

function update_xplugins() {
  uuid=`defaults read /Applications/Xcode.app/Contents/Info.plist DVTPlugInCompatibilityUUID`
  find ~/Library/Application\ Support/Developer/Shared/Xcode/Plug-ins -name Info.plist | xargs -IFILE defaults write FILE DVTPlugInCompatibilityUUIDs -array-add $uuid
}
$ update_xplugins

参考

自分が登録してるPluginsを紹介

KSImageNamed
 UIImageのファイル名を補完してくれる.
 画像プレビュー機能もある.
 Swiftには対応してないのが残念.

OMColorSense
 エディタ上のUIColorをビジュアライズ.
 フォーカスがあたるとカラーが出るので色の確認に便利
 これもSwiftには対応してない.
 でも,[UIColor redColor]みたいに手打ちすると同じようにビジュアライズしてくれる.

Hex Color Picker
 カラーピッカーで,色を16進数で指定できるようになる.

XVim
 XcodeでもVim使いたい人向け

VVDocumenter-Xcode
 Javadoc風のコメントを自動生成してくれる.

XToDo
 TODO,FIXME,???,!!!! がついたコメントを一覧表示してくれる.
 Swiftでは#warningが使えないこともあり,割と重宝

 

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
11