Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
12
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@kpkpkp

HexoでGithub Enterpriseの個人ページにブログを書く

More than 5 years have passed since last update.

使っていますか?Github Enterprise

かなり便利ですよね。
そんなわけで、、Github Enterprise内でブログを書こうと思ったわけですよ。
Middlemanとか、jekyllとか、Octopressとか、いろいろあるんですが、
とりあえずHexoを試そうと思って、しかし、所々つまづいたところがあったので
とりあえず書いておこうと思います。

手順

リポジトリを作成する

Github.comに作るのとは少し違います。
例えば、Github Enterpriseのドメインがexample.com、自分のユーザ名がkumaだったとしたら、
kuma/kuma.example.com というリポジトリを作ります。
もしドメイン名なんてねえよ!ッて言う場合は例えば、kuma/kuma.10.0.0.1 という感じで作ります。

Hexoをnpmでインストールをする

nodeとnpmがすでに入っている想定ですが、
npm install -g hexo これだけで完了です。

Hexoでブログを生成する

適当なディレクトリで、hexo init <blog name> 例えば、 hexo init kumablog これだけです!

設定ファイルをいじる

設定ファイルは生成されたディレクトリの _config.yml です。
ここでパスの設定と、デプロイの設定をします。
まずは15行目辺りにある url root をいじります。例えばこんな感じ。

# URL
## If your site is put in a subdirectory, set url as 'http://yoursite.com/child' and root as '/child/'
url: http://<gheのURL>/pages/<ユーザ名>
root: /pages/<ユーザ名>/

上記に出した例だと、

# URL
## If your site is put in a subdirectory, set url as 'http://yoursite.com/child' and root as '/child/'
url: http://example.com/pages/kuma
root: /pages/kuma/

とか。

あとはファイルの後ろのほうにある deploy も編集する。こんなかんじ。

# Deployment
## Docs: http://hexo.io/docs/deployment.html
deploy:
  type: github
  repo: http(s)://<gheのURL>/<ユーザ名>/<さっき作ったリポジトリ名>.git
  branch: master
  message: <メッセージ>

例えば、

# Deployment
## Docs: http://hexo.io/docs/deployment.html
deploy:
  type: github
  repo: https://example.com/kuma/kuma.example.com.git
  branch: master
  message: Hexo deploy

こんな感じ。

デプロイしてみる

ここまで終わったらデプロイしてみる。
デプロイも簡単で、 hexo deploy -g を実行するだけ!
しかし、途中でGHEへのログインが求められるので、ただ単に待ってるだけじゃいつまでたってもデプロイされないので注意!

まとめ

もっとしっかり使っていきたいと思う。
また、例えば会社のエンジニアブログ的なものをやる場合、
GHEをステージング環境、github.comを本番環境、みたいにして使い分けてもいいかもしれない。

12
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
12
Help us understand the problem. What is going on with this article?