Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacでUbuntuのインストールUSBディスクを作成する

More than 1 year has passed since last update.

通常ならCDやDVDにダウンロードしたisoファイルを焼いてインストールすると思うのですが、
もはやDVDドライブがついていないコンピュータが昨今増えてきました。

というわけで、ubuntuのインストールUSBを作成する手順についてまとめたいと思います。

準備

必要な物を揃えましょう

  • USBスティック 2GB程度で十分です
  • isoファイル

2015/1/19追記
ubuntu14.04LTSでも動作しました
2016/7/11追記
ubuntu16.04LTSでも動作しました

インストールUSBを作成する

  1. USBスティックをMacに接続する
  2. Terminalを開く (/Applications/Utilities/Terminal.app)
  3. hdiutilを使って.isoファイルを.imgファイルに変換する
    • hdiutil convert -format UDRW -o /path/to/save/name.img /path/to/ubuntu.iso みたいなかんじ
    • 新しいMacでやると、拡張子に.dmgがつくので mv /path/to/name.img.dmg /path/to/name.img をする
  4. diskutil listでUSBディスクのデバイスノードを確認する
    • ここでは /dev/DiskNだったとします。Nには本来数字が入るはずです
  5. diskutil unMountDisk /dev/diskN を実行してUSBディスクをマウント解除する
  6. sudo dd if=/path/to/save/name.img of=/dev/rdiskN bs=1mをしてUSBスティックにubuntuのインストールディスクを書き込む。しばらく時間がかかる
  7. 完了!

【2017/8追記】
なぜ of=/dev/diskN ではなく of=/dev/rdiskN なのか気になる方は、
こちらをご覧ください https://www.junk-works.science/disk-and-rdisk/

エラー集

error dd: /dev/diskN: Resource busy

USBスティックをマウント解除しているかどうかを確認しましょう

error dd: Invalid number '1m'

bs=1mbs=1Mに変更して実行してみましょう

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away