Help us understand the problem. What is going on with this article?

detekt(Kotlinの静的コード解析ツール)をコマンドラインで使ってみた

swiftlintみたいなのをkotlin言語でもやってみたい!
なので、似たようなのを探したところdetektが良さげ。
Kotlinでdetektを使って複雑度を測るの記事が大変わかりやすかったです。

インストール

まずは公式サイトを確認。

git clone https://github.com/arturbosch/detekt
cd detekt
./gradlew build shadowJar
java -jar detekt-cli/build/libs/detekt-cli-[version]-all.jar --help

スクリーンショット 2020-02-13 16.51.01.png

※javaが入ってないと、もちろんエラーがでます。
でも最近どっからjavaとって来たらいいかよくわからないんですよね…。
oracleがライセンス買い取ったみたいで無償で使えるのかよくわからない…。
自分は、AdoptOpenJDKを入れました。

コード解析ルール

コード解析ルールは、以下の公式サイトにわかりやすくまとまっていますね。
https://arturbosch.github.io/detekt/comments.html
…さっぱり読めないです。はい。

コード解析ルールの定義

解析ルールの定義ファイルは、以下に存在しています。

<git clone したディレクトリ>/detekt/detekt-cli/build/resources/main

スクリーンショット 2020-02-14 15.38.35.png

こいつをコピーして新しいファイルを作れば、オリジナルの定義ファイルになります。

自分はcomplexity_ComplexMethod(循環的複雑度)の数値を
15(デフォルト)から10に変えたかったので以下の通り変更しています。

スクリーンショット 2020-02-14 15.43.35.png

解析実行

あとは以下コマンドを実行すれば解析できます。

java -jar <./gradlew build shadowJarで固めたjarのパス> -c <ルールを記載したファイルのパス> -i <解析したいファイルのパス>

スクリーンショット 2020-02-20 12.35.58.png

解析できた!

java -jar <./gradlew build shadowJarで固めたjarのパス> -c <ルールを記載したファイルのパス>をエイリアスに設定しておくと、実行するコマンドが少なくなって便利かもしれないです。
【Mac】エイリアス(ターミナルコマンドのショートカット)の設定

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした