Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
3
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

@kozyty@github

PivotalのMulti-Project Workspaceが便利すぎる理由

Pivotal便利ですよね。シンプルな昨日のみを提供しているだけでありますが、アジャイル開発をよりスマートに行うためにはうってつけのタスク管理だと思います。

今日は、今実際に使ってみてとてもオススメしたい「 Multi-Project Workspace 」というbeta機能の紹介になります。Pivotal興味ある人とか、使っているけどMulti-Project Workspaceは使ってない人などの参考になれば幸いです。

※現時点で、AdventCalendarには2つの投稿しか予定されていませんが、負けじと投稿したいと思います。笑

紹介する内容

おそらく本来はその名の通り「複数のプロジェクト」を管理しやすくするためのものですが、今回紹介する方法は少しトリッキーな使い方です。

ひとつのプロジェクトだけど、メンバーのタイプ毎にプロジェクトを分けてMulti-Project Workspaceで管理する

という内容を紹介します。

この記事の対象

  • Pivotal使ったことある / Pivotal興味ある人

伝えたいこと

  • Multi-Project Workspace機能を使ってみたら、プロジェクト管理がとても楽になった。

Multi-Project Workspaceとは?

簡単に説明すると、「複数のProjectを1つの画面で管理できる」というものです。そのままですねw

オススメしたい開発メンバー構成

以下のようなチーム体制で開発しているかたには特にオススメしたいです。
- 少人数制の開発チーム
- アジャイル形式(Pivotal使うなら当たり前ですが)

実際に、どうやって使っているか

では、実際例で紹介します。

今は、「emosi」というiOSアプリ開発チームに所属しているので、実際にどうやって使っているか紹介したいと思います。

スクリーンショット 2014-12-05 19.03.41.png

EMOSI_DESIGN プロジェクト

デザイナーが担当になるタスクを管理するプロジェクトになります。

  • スタイルガイド
  • モック作成
  • バナー作成
  • ペーパープロトタイプ

みたいな、見積もり精度を向上させたいけどなかなかうまくいかないってなりがちなタスクもちゃんとタスク化して管理できるので、デザインタスクなどを別プロジェクトにするのはオススメです。

EMOSI_APP プロジェクト

ネイティブ側のエンジニアが担当するタスクを管理するプロジェクトになります。

  • スタイルガイド組み込み
  • アニメーション実装
  • モック実装
  • テスト

など、こちらもサーバーサイドとはコンテキストが違うタスクも区別しておけるので「ネイティブ」と「サーバーサイド」は分けることをオススメします。

EMOSI プロジェクト

サーバーサイド側のエンジニアが担当するタスクを管理するプロジェクトになります。

  • CI環境構築
  • インフラ周りタスク
  • アプリやAPIの実装
  • Webの組み込み

など、サーバーサイドメインのタスクを管理するプロジェクトです。EMOSI_SERVERみたいな名称にしていない理由は以下にかいているIcebox的な部分などが関係してきます。

Icebox(EMOSIプロジェクトのものを使用)

EMOSIプロジェクトのIceboxを使用しています。それぞれのIceboxを使用しない理由は以下になります。

  • Iceboxは施策案などタスク化・Story化していない整理していないものが多い
  • イテレーションMTGのタスク作成時にIceboxが1つのほうが割り振りが簡単
  • Iceboxのためだけに別Projectを作成するのはナンセンスなのでメインプロジェクトを1つきめてそのIceboxを使う
  • 最低4ウィンドウに収まるので、画面の収まりがいい。

Multi-Project Workspaceを使う理由

メリット

  • VELOCITYが各人でのものになり、明示化されモチベーションや見積もり精度向上に一役かっている
  • プロジェクトとしては別で作成しているが、Multi-Project Workspaceを使うことで、まるでひとつのプロジェクトを管理しているかのような感覚でタスク移動や管理が可能になる
  • プロジェクト毎に設定が可能になるので、無理にチームで同じ設定にする必要がない。
  • Slackなどの連携をProject単位で切り分けれるのでオススメ

デメリット

  • Pivotalが期待している使い方とは違う可能性がある

でもそれくらい。メリットが大きすぎるので継続して使っています。

ぜひ試してみてください。

どうでしたか?Pivotal試したことのある方なら便利具合が伝わると思います。

まだ使ったことない方はぜひ無料期間を利用してためしてみてください。

次回AdventCalendarは19日w

  • 現時点では、@muo_jp さんで 「ゆるく実用してる話書きます」だそうです。お楽しみに。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
3
Help us understand the problem. What are the problem?