Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
122
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@koyopro

Amazonで一年間に使った金額と、注文履歴のTSVを出力するブックマークレット【2015年版】

More than 5 years have passed since last update.

経緯

2014年一年間で読んだ本の情報をまとめようと思った。とりあえずAmazonから一年分の購入履歴を取得したい。
そういえば去年、Amazonの購入履歴の合計金額を取得するブックマークレットが流行ってたことを思い出した。
そうだ、あれを参考にさせてもらおう。
( ^ω^)

とりあえず上記サイトのブックマークレットを実行!
...あれ、動かない。

デバッガで調べてみたところ、どうやら現在Amazon側の仕様が変わっていて利用できなくなっている。

更に探してみたところ、Amazonの新しい仕様に沿った修正版をgistで発見。
こちらのコードからforkして、商品情報を取得する実装を追加した。
(またそのうちamazonの仕様変更で使えなくなるかもしれないが。)

成果物

入力

集計したい年を入力。

スクリーンショット 2015-01-02 8.50.27.png

出力

合計金額

集計が終わった後、ダイアログで合計金額を出力。

スクリーンショット 2015-01-02 8.50.55.png

商品情報

合計金額のダイアログを閉じると、ポップアップで商品情報を表示する。
タブ区切りで下記のようなフォーマットにて出力した。

[日付]  [商品名]  [販売元]  [URL]

本当は個々の商品の金額も出したかったが断念。
複数商品同時注文については、注文履歴ページに商品ごとの金額の記載がなく取得ができなかった。

出力例は以下。

2014/12/19  パターン認識と機械学習 上   C.M. ビショップ    https://www.amazon.co.jp/gp/product/4621061224/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1
2014/12/19  パターン認識と機械学習 下   C.M. ビショップ    https://www.amazon.co.jp/gp/product/4621061240/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

ソースコード

ソースコードはgistで公開。
https://gist.github.com/koyopro/a480a45712ccf1bf239c

ブックマークレット

ブックマークレットとして使えるようにもしてみた。
上記gistのコードをminifyし、さらにHTMLエスケープしたもの。

リンク先ページのコードをブラウザのアドレスバーにコピペして実行できる。
(コピペ時に先頭の"javascript:"が消える場合は保管してやる)

Amazonの注文履歴ページ( https://www.amazon.co.jp/gp/css/order-history/ )で利用可能。

本当は外部にjsファイルを置いて実行させたいのだが…。
Chromeだとhttpで取得したjsがhttpsのページ内では実行できず一旦保留に。

参考

いままでいくらAmazonで買い物したか合計するブックマークレット書いた - モロ屋
http://moroya.hatenablog.jp/entry/2013/06/03/225935

Amazonの注文履歴をCSV形式にして出力するスクリプト
https://gist.github.com/arcatdmz/8500521

Amazon で使った金額の合計を出す奴 (2014 年バージョン)
https://gist.github.com/polamjag/866a8af775c44b3c1a6d

122
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
koyopro
フリーのエンジニアでスマホアプリ開発がメイン。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
122
Help us understand the problem. What is going on with this article?