Amazon Connect で非通知電話ではなく、番号通知で電話をかける方法

  • 2
    Like
  • 0
    Comment

Amazon Connect 本当に日本語のドキュメントが少なくて大変ですね。
参考記事
https://qiita.com/miTsuKow/items/2ec4feec6dc6bc7d6c8b

別サイトに電話をかけるボタンを埋め込んで、そこから電話をかけるためには、
CCPのURLを jsファイルにに書く必要があるのですが、"CCP"ってなに? となってしまう人もいるでしょう。

CCP とは、
Screenshot from Gyazo
この電話マークを押すと出て来るポップアップのことです。

それさえわかれば、割りとすんなり実装できるのではないでしょうか?

僕が引っかかった点としては、
IVRを構築して、番号ごとに問い合わせを振り分け、違う AWS Lambda を起動する時に、
同一リージョンでなおかつ、応答タイムアウトを8秒に設定しないと、デフォルトだと全部失敗することです。
あと、Lambda の成功失敗で条件分岐させることもできるはずなんですが、
Lambda で何らかの成功レスポンスを返さないと、成功として判定されないようです。この部分はサポートに聞いても、何を返せばいいのかドキュメントにも載っていないとのことでした。

さて、一番困った点は、非通知でしか電話が掛けられないことです。
AWSのサポートから電話をかけてもらう時は、番号通知済みで電話がかかってくるのに、なんでConnect からかけると電話がかかってくるのかどうかわからなかったのです。

これをサポートに問い合わせると、オレゴンとアメリカ国内では、番号を通知して電話をかけられるそうです。
しかし、オレゴン 日本、 シドニー 日本、の間では出来ないそうです。

設定には、相手の電話に表示させる番号とOutbound caller ID nameを(これで本当に相手に
自分の名前が通知されるかわからないけど)が選べるようになっていますが、これが特定リージョンとキャリアによっても無効か有効かが変化するそうです。

そもそも、ナンバーディスプレイというのは、掛ける方の電話会社とかかってくる方の電話会社が相互に連携をしていないと、成立しないものです。したがって、Amazon のサポートが使っている電話会社と、Conecct で使っている電話会社が違うので、番号通知がうまくいかないということだそうです。

非通知で電話をかけるコールセンターは怪しまれるでしょうから、問題だと思ってます。
誰かアマゾンの太い御客さんのひとは、東京リージョンで使えるようにしてほしいと要望していただきたいです。東京リージョンから日本にから発信するなら、番号を通知して発信できるでしょう。