Edited at

Vagrantで開発環境を構築(0.事前準備編)


目的


  • 勉強の一貫で記事をまとめる.

  • パッケージ管理ツールの準備をする(Mac).

  • 仮想環境を構築するツールの準備をする.

今回:Vagrantで開発環境を構築(0.事前準備編)

次回:Vagrantで開発環境を構築(1.仮想マシン作成編)


Xcodeのインストール(Mac)

Xcodeは,iPhoneアプリなどを製作する際に必要な強力な開発ツール.

今回は,後述するHomebrewのインストールに必要なのでインストール.

1. AppStoreからインストールする.

2. Xcodeを一度起動する.セットアップが終了したら閉じてOK.

3. ターミナルで下記コマンドを実行する.


ターミナル

$ xcode-select --install # Xcodeのコマンドラインツールをインストール



Homebrewのインストール(Mac)

Homebrewは,Macで使用が可能なパッケージ管理ツール.

* WindowsにはChocolateyというものがあるらしい.

1. ターミナルで下記のコマンドを実行.


ターミナル

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" # Homebrewのインストール

$ brew doctor # 確認


■ 覚えておきたいコマンド一覧


ターミナル

$ brew doctor # Homebrewを環境診断

$ brew install <フォーミュラ名> # インストール

$ brew uninstall <フォーミュラ名> # アンインストール

$ brew update # Homebrewのデータベースを更新

$ brew upgrade # インストール済みのフォーミュラを更新

$ brew upgrade <フォーミュラ名> # 指定したフォーミュラを更新

$ brew list # インストール済みのフォーミュラを一覧表示

$ brew search <キーワード> # フォーミュラを検索

$ brew cleanup # 古いバージョンのフォーミュラを削除


参考:MacにHomebrewを導入する方法

参考:備忘録_最低限必要なbrewコマンド一覧


Homebrew Cask のインストール(Mac)

Homebrew CaskはHomebrewの拡張で,Homebrewではインストール出来ないものもインストールして管理できる代物.

GoogleChrome やAtom ,VSCode などのGUIアプリケーションもインストールすることができる.

今回は,後述するVirtualbox とVagrant をインストールするためにHomebrew Cask を使用する.

1. ターミナルで下記のコマンドを実行.


ターミナル

$ brew tap cask room/cask # Homebrew caskをインストール


■ 覚えておきたいコマンド一覧


ターミナル

$ brew cask install <パッケージ名> # インストール

$ brew cask uninstall <パッケージ名> # アンインストール

$ brew cask upgrade # インストール済みのパッケージを更新

$ brew cask upgrade <パッケージ名> # 指定したパッケージを更新

$ brew cask list # インストール済みのパッケージを一覧表示

$ brew cask search <キーワード> # パッケージを検索

$ brew cask cleanup # 古いバージョンのパッケージを削除


参考:みんなhomebrew-caskって知ってるか?

参考:Homebrew Cask を使うと macOS アプリをインストールするのが捗る


Virtualboxのインストール

Virtualboxは,仮想環境を作成するためのソフトウェア.

ここで先ほどインストールしたHomebrew caskを使用する.

1. ターミナルで下記のコマンドを実行.


ターミナル

$ brew cask install virtualbox # Virtualboxをインストール

$ brew cask list # 確認


* Windowsの場合,公式サイトからダウンロードしてインストールする.


Vagrantのインストール

Vagrantは,仮想環境の構築や共有を簡単に行うことができるツール.

Virtualbox と組み合わせることで,仮想環境の構築を非常に簡単に行うことができる.マジ超便利.

似たツールにDockerというものがあるが,これまた難しいので,別の機会にまとめることにする.

1. ターミナルで下記のコマンドを実行.


ターミナル

$ brew cask install vagrant # Vagrantをインストール

$ brew cask list # 確認

$ vagrant -v # 確認


* Windowsの場合,公式サイトからダウンロードしてインストールする.


まとめ

以上で仮想環境を構築するツールの準備が完了.

次回から実際にVagrantで仮想マシンを作成していく.

今回:Vagrantで開発環境を構築(0.事前準備編)

次回:Vagrantで開発環境を構築(1.仮想マシン作成編)