Edited at

Windows10にてGPU版OpenPoseを動かしてみた

windows環境にて、OpenPoseのオープンソース実行環境を作る機会があったのでメモします.

[環境]

 ・Windows10

 ・GTX1060(6GB)

 ・CUDA10.0

 ・cuDNN

1.Visualstudio2017インストール

 ①下記URLより、"Visual studio community 2017"をダウンロード. ※Microsoftアカウントが必要です

  「https://my.visualstudio.com/Downloads?q=visual%20studio%202017&wt.mc_id=o~msft~vscom~older-downloads」

 ②上記にてダウンロードしたものを実行し、インストール.

  "C++によるデスクトップ開発"にチェックを入れ、"WindowsSDK"と"C++"が項目に含まれている確認する.

111.PNG

2.CUDAインストール

 ①"https://developer.nvidia.com/cuda-10.0-download-archive"から対応のものをダウンロード.

 ②上記にてダウンロードじたものを実行し、インストール.

 ③再起動.

3.cuDNNインストール

 ①"https://developer.nvidia.com/cudnn"からCUDA10.0に対応したものをダウンロードする.

 ②展開し、解凍のされた"CUDA"フォルダ以下の"bin"など全てを"CUDAのインストール先"

  "C:\Program Files\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v10.0"にコピーする.

 ③コマンドプロンプトにて"nvcc -V"が以下のように表示されればOK.


cuDNNのインストール確認

nvcc -V

nvcc: NVIDIA (R) Cuda compiler driver
Copyright (c) 2005-2018 NVIDIA Corporation
Built on Sat_Aug_25_21:08:04_Central_Daylight_Time_2018
Cuda compilation tools, release 10.0, V10.0.130

ここまでで最低限の準備完了です.

次からは、OpenPoseの動作について.

1.OpenPoseの準備

 ①"https://github.com/CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose/releases"から

  GPUバージョン(openpose-1.4.0-win64-gpu-binaries_recommended.zip)をダウンロード.

 ②上記のファイルを展開し、"openpose-1.4.0-win64-gpu-binaries\models\getModels"を実行し、

  学習済モデルを取得する.

2.Sampleの実行


Sampleの実行

①OpenPose展開フォルダにて、コマンドプロンプトを開き以下のコマンドを実行.

 ".\bin\OpenPoseDemo.exe --video examples\media\video.avi"

キャプチャ.PNG

3.カメラにてOpenPose

 下記のようにオプション付けないことです.


カメラでの実行

 ".\bin\OpenPoseDemo.exe"


LinuxもWindowsもGPU環境作る手順は同じですので、片方の方法を理解してしまえばOK.

私は、WindowsよりもLinux環境のほうが使いやすいので、記事としてはLinuxがメインになります.