R
DataTables
Shiny
DT

R(shiny) でDT(DataTables)の日本語化

需要なさそうだけど、、

一人で無意識に使う分には何の問題も無いですが、一般向けサービスを作ろうとした時に「なんで英語なんじゃい」とよくクレームがあったりすると思うので、そんな時にご使用ください。

サンプルコード

optionsリストのlanguageリストにパラメターを渡します。

DT::renderDataTable(options = list(language = list(url = '//cdn.datatables.net/plug-ins/9dcbecd42ad/i18n/Japanese.json')),
data.frame.to.output
)