Help us understand the problem. What is going on with this article?

Automated Build(自動ビルド)の個人的備忘録

Automated Build(自動ビルド)とは

GithubBitbucketといったソースコードのホスティングサービスでビルドコンテキスト(Dockerfileやその他のビルドに必要なファイル群)を管理し、リポジトリ上のビルドコンテキストの内容が変更された場合に自動的にビルドを実行する仕組みのこと。

DockerHubとGitHubのリンク設定

Dockerhubのリポジトリの「Builds」タブのLink to GitHubをクリックし、任意のGitHubのリポジトリを選択。

Source Type        githubのBranchを対象にするか、タグを対象にするかの設定
Source           branch名またはタグの指定
Dokcer Tag         ビルドされたイメージにつけるタグ付の指定
Dockerfile location      dockerfileの置いてあるパスの指定
BuildContext

Save」を押す。
自動ビルドはここで設定されたリポジトリに、ファイルが追加されるか、変更された場合に実行される。

GitHubからリポジトリをgitcloneする

% git clone https://github.com/ユーザー名/automated-build-test.git

Cloneしたディレクトリに移動し、Dockerfileを作成し記述する

## 例
FROM docker samples/static-site
ENV AUTHOR=“docker”

GitHubにpushする

-# 指定したDockerfileをインデックスに登録してコミット対象にするコマンド
% git add Dockerfile
-# ファイルやディレクトリの追加・変更を、リポジトリに記録する
% git commit -m “docker commit"
-# ローカルリポジトリの内容をリモートリポジトリに送信する
% git push origin master

ユーザー名、パスワードを求められたら入力する。

DockerHubの「Builds」タブでAutomated BuildsのステータスがPENDINGになり、時間が立ちSUCCESSになったら成功。

実際に自動ビルドできているか確認する

-# 自動ビルドしたイメージのpull
% docker pull Dockerhubのリポジトリ名
-# イメージの一覧表示
% docker images

イメージがpullできていることが確認できる。

これをうまく利用することで都度手動でビルドすることが不要になり、さらに他のアプリケーションや、サービスと連携することでコンテナの実行まで自動化することができる。

koki1720
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした