Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mac を初めて使うエンジニアにオススメする環境づくり

はじめに

Mac で開発を行う上で自分が使っているツールや設定の紹介です。
この手の記事は多々あると思うも、
嗜好が出やすい箇所かとも思うので一例として。

最近の更新

2019-06-14: だいぶ時間経過してしまったので再確認 & 整理しました。

環境補足

  • キーボードは英字配列です
  • 環境設定が英語のため適宜読み替えて下さい

Mac の設定編

  • caps lock => control : caps lock を controll に変更
    • 英字配列です
    • 使うエディタにもよりますが HHK に慣れているため、control キーを変更します
    • 以下で行えます
      1. System Preferences
      2. Keyboard
      3. Modifier Keys
  • 拡張子を表示
    • 最近は減りましたが、勘違いを防ぐために
    • 以下で行えます
      1. Finder
      2. Preference
      3. Advanced
      4. Show all filename extensions

共通で入れておいたほうが幸せなツール

  • Xcode インストール
    • 開発者なら何も考えず入れておきましょう
    • Xcode
  • iTerm2
    • 個人的に気に入っているターミナル
    • iTerm2
  • Better Touch Tool
    • 有料ですが便利なツールです
    • 別途このツールだけ切り出して記事書いても良いかも
    • Better Touch Tool
  • brew
    • Mac のパッケージ管理ツール
    • 便利なので入れておくと良いと思います
    • brew
  • anyenv
    • anyenv
    • 各種言語/FWのバージョン管理ツールを管理するツール
    • 各々利用する言語/FWに合わせて経由させておくと便利です (node, python, ruby ...)

サーバー等リモートにおいてあるファイルを弄るケースが多い場合

  • sshfs
    • ssh を利用してリモートサーバーのディレクトリをマウント出来るようになります
    • 開発環境のログディレクトリ等をマウントして置くと便利です
    • インストール手順
      1. brew install Caskroom/cask/osxfuse
      2. brew install homebrew/fuse/sshfs
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away