Edited at

[#TouchDesigner] オペレータにカスタムパラメータを追加する

More than 1 year has passed since last update.

td_final.png


はじめに

.toxなどでノードを配信する場合、パラメータの設定を一つのノードにまとめておくと便利です。

本稿では、ノードに自分の定義したいカスタムパラメータを追加する方法を解説します。

2017-10-08_160901.png

詳しい説明は公式のドキュメンテーションに記載されていますのでそちらを参照してください。

Custom Parameteras - Derivative


カスタムパラメータの追加

カスタムパラメータを追加できるノードは、ノードを非アクティブ化した状態で右クリックをすると、

「Customize Component...」メニューが選択できるようになっています。

今回の例ではBaseCompを用いて解説をしますが、ContainerやButtonなどでも同じことができます。

bandicam 2017-10-08 15-45-47-961.jpg

このメニューを選択すると、コンポーネントエディターが起動します。

2017-10-08_161555.png


ページの追加

PageNameのテキストボックスに、自分の好きなページ名を入力し「Add Page」を選択すると、

bandicam 2017-10-08 15-46-36-513.jpg

コンポーネントにページが追加されます。

bandicam 2017-10-08 15-47-01-529.jpg


パラメータの追加

それぞれのページに対して、パラメータを追加していくことができます。

ParNameに自分の好きなパラメータ名を入力し、パラメータの種類を選びます。

bandicam 2017-10-08 15-47-22-703.jpg

その後「Add Par」を選択すると、ページ内にパラメータが追加されます。

bandicam 2017-10-08 15-48-08-251.jpg

ここで、パラメータにアクセスする際の変数(メンバ)名は赤で囲ったものになります。

ラベル名とは異なる場合もあるので注意してください。

2017-10-08_162211.png

また、floatやintなどはベクトルとして登録をすることができます。

右の方で要素数を選択するドロップダウンがありますので、お好きな数をお選びください。

bandicam 2017-10-08 15-48-17-143.jpg

無事追加できれば、ページがこのような表示になっているかと思います。

bandicam 2017-10-08 15-48-30-809.jpg


パラメータの並び替え

コンポーネントエディタ上でドラッグアンドドロップするだけで、パラメータの表示順を変更することができます。

便利ですね。

bandicam 2017-10-08 15-51-34-971.jpg


パラメータの種類

ほぼすべてのデータ型を扱うことができます。

bandicam 2017-10-08 15-47-22-7032.jpg


パラメータへのアクセス方法

floatパラメータにアクセスしたいとします。

値は12345にしておきました。

bandicam 2017-10-08 16-01-47-847.jpg

コンポーネントの中に入って、Text DATを作成し、以下のように記述します。

普通のパラメータのアクセス方法と一緒ですね。

bandicam 2017-10-08 16-01-58-528.jpg

スクリプトを実行すると、数値を取り出すことができました。

bandicam 2017-10-08 16-02-05-562.jpg


さいごに

o-cOptQ7_400x400.jpg

Reflect Initial - Official Website

友人がディジタルクリエイティブ集団を立ち上げたようです。

かなり面白いことをやってのけそうな集団だなと思っているので、ぜひ応援してあげてください。