#初心者
#Node.js
#WSL

続・WSL(Ubuntu)でnode.jsの開発をする準備

はじめに

この記事はWSL(Ubuntu)でnode.jsの開発をする準備の訂正版です。

前回記事の問題点 - aptで入れたnodeは古い

nodeのバージョンが古かった!
ネット上のサンプルコードが動かない!
調べてみたら、バージョンは4台。

最新は9.11.1。
(いずれも2018年4月時点)

入れ替える

削除する

最初から入れなければこの手順は不要。

aptコマンドで削除する。下記のコマンドで消えたっぽい

$ sudo apt purge nodejs
$ sudo apt autoremove

 新しいnodejsのバージョン導入

nodebrew のインストール

nodebrewはnodejsのパッケージ管理ツールだそうだ。
https://qiita.com/kent_ocean/items/dc252b5d8183dfc6da57 を参考にさせていただきました。

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
$ export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
# source ~/.bashrc

必要に応じて環境変数を登録(自分は.bashrcへ追記した)

nodejsのインストール

$ nodebrew install-binary latest

使用するバージョンの設定

install-binaryだけだと、ダウンロードされるけど動かない。
~/.nodebrew/node配下にダウンロードされるだけ。
下記コマンドで確認すると、currentがnone。

$ nodebrew ls
v9.11.1

current: none

以下のコマンドを打つと、~/.nodebrew/current 配下にコピーされる。

$ nodebrew use latest
$ nodebrew ls
v9.11.1

current: v9.11.1

確認

$ node -v
v9.11.1
$ npm -v
5.6.0

まとめ

aptが簡単なのでつい使ってしまうけど、手抜きせずちゃんと調べよう。