Help us understand the problem. What is going on with this article?

ダークモードとは何か?各OSの設定方法からiOS/Androidアプリの対応方法まで

ダークモードとは何か?各OSの設定方法からiOS/Androidアプリの対応方法まで

by knagauchi
1 / 32

はじめに

勉強会をご覧の皆さま

元々のテーマは「10分でわかるダークモード対応」でしたが、あちこち調べているうちにページ数が30を超えてしまい、「10分ではわからないダークモード対応」になりました🙇‍♂️

20分には収めます


ダークモードとは?

OSシステムレベルで設定可能な、画面表示色の設定です。
light_and_dark.png
Light Modeが従来通りの白基調な画面、Dark Modeは黒基調な画面です。


何が明るく/暗くなるの?

特定の何に適用すべきという法則は無いようですが、閲覧者に見せたいコンテンツ以外のウィンドウ枠、背景などに対して適用されることが多いようです。

もちろん、メインコンテンツ(テキスト色など)も背景色に応じて調整する必要があります。


ダークモードにすると何がいいの?

  • 目へのダメージを抑える
    • 眩しい画面を見ることによるドライアイ頭痛、メラトニン抑制による不眠など
  • バッテリーの持ちが長くなる
    • OLEDスクリーンで輝度が100%の場合、DarkはLightと比較して約60%のエネルギーを節約。輝度が50%の場合、約15%節約(YouTubeアプリで計測)
  • 背景は明るいより暗いほうが、メインのコンテンツを目立たせ、作業に集中しやすくする

ダークモードにする場合のデメリットや注意点

  • 直射日光の下などの明るい場所で読みづらい
    • ナイトモード(ブルーライトカットの)と同じように、日没〜日の出までダークモードとする設定が用意されている
  • テキスト色と背景色の逆転にOCRが追いついていない
    • ダークモードで撮ったスクショをGoogle翻訳にかけても(現時点では)翻訳してくれない😭

ダークモード対応OS

  • Windows 10 version 1903〜
  • Mac OS Mojave(10.14)〜
  • Android 10〜
  • iOS 13〜

ダークモード設定方法

  • Windows
    • スタート -> 設定 -> 個人用設定 -> 色
  • macOS
    •  -> システム環境設定 -> 一般 -> 外観モード
  • Android
    • 設定 -> ディスプレイ -> テーマ
    • Zenfoneの場合は 設定 -> ディスプレイ -> システムカラースキーム
    • クイック設定パネルに追加したい場合は 画面上端を下にスワイプ -> 🖋
  • iOS
    • 設定 -> 画面表示と明るさ -> 外観モード
    • コントロールセンターに追加したい場合は 設定 -> コントロールセンター -> コントロールをカスタマイズ

iOS/Androidアプリでのダークモード対応方法(アプリエンジニア向け)


iOS

準備

  • Xcode 11以上のビルド環境
  • iOS 13以上の実機orシミュレーター

iOSダークモード対応は急務!!


まずダークモードの見え方を確認しよう!

StoryboardやXibのInterface Builder上でLight/Darkを切り替える

    • 画面中央下部

デバッグ実行中にLight/Darkを切り替える

    • 画面中央下部

Darkにして、どうなったか。弊社案件の場合

  • テキストが自動で白くなったが背景も白い。文字が読めない!
  • 背景が自動で黒くなったがテキストも黒(
  • 濃緑基調のグラフィックが黒い背景では見えづらい
  • QRコードが真っ黒黒助

何故そうなるのか

  • 場所によってiOS System Colorsを使ったり使わなかったりするため
  • 大人数のプロジェクトでありがちな統一感の甘さ
  • とはいえiOSのStoryboardを完璧な統一感で作った人は見たことありませんが…😅

対応作業

カラーセットを使う場合

  1. ハードコードしている色をAssets CatalogのColor Setに移行する
  2. Color SetのAppearancesにてDarkを追加する
  3. Dark Appearanceにフォーカスを合わせ色設定する

  • 色は従来のsRGB方式以外に、iOS System Colorsも選択可能
    • darkTextColorsystemBackgroundColorなど
    • 使うとOS側が色の濃さを自動調整してくれる。便利!
    • 詳しくは参考記事の実践 iOS13ダークモード対応に、わかりやすく書かれています

カラーセットを使わない場合

  • アプリ起動中にLight/Darkを切り替えられても即反映させたいので、次のいずれかの方法で実装

  • dynamicColor方式
extension UIColor {
    private class func dynamicColor(light: UIColor, dark: UIColor) -> UIColor {
        if #available(iOS 13, *) {
            return UIColor { (traitCollection) -> UIColor in
                if traitCollection.userInterfaceStyle == .dark {
                    return dark
                } else {
                    return light
                }
            }
        }
        return light
    }

    public static var textColor: UIColor {
        return dynamicColor(
            light: UIColor(displayP3Red: 0, green: 9, blue: 11, alpha: 1),
            dark: UIColor(displayP3Red: 255, green: 246, blue: 244, alpha: 1)
        )
    }
}

  • dynamicProvider方式
extension UIColor {
    @available(iOS 13.0, *)
    convenience init(light: UIColor, dark: UIColor) {
        self.init {
            if $0.userInterfaceStyle == .dark {
                return dark
            } else {
                return light
            }
        }
    }

    @available(iOS 13.0, *)
    public static let textColor = UIColor(
        light: UIColor(displayP3Red: 0, green: 9, blue: 11, alpha: 1),
        dark: UIColor(displayP3Red: 255, green: 246, blue: 244, alpha: 1)
    )
}

こちらはSDKバージョンの制限を受けますが、initとして処理を書けて、定数をimmutableにできます。


Android

準備

  • Android Studio 3.3以上のビルド環境
  • Android 10(Q)以上の実機orシミュレーター

まずダークモードの見え方を確認しよう!

Design View上でLight/Darkを切り替える


* Night Mode -> Nightを選択


開発者向けオプションを使う

  • システム -> 詳細設定 -> 開発者向けオプション -> フォースダークのオーバーライド
  • アプリの実装を変えずダークモードをシミュレートできる

Darkにして、どうなったか。弊社案件の場合

  • Design View上では何も変わらなかった…
    • Android版は?android:attr/textColorPrimaryなどのシステムカラーを使っていなかったから
    • Androidチームはデザイン指示書に厳密に従ったので、システムカラーを使わなかった
  • でも、開発者向けオプションだといい感じのダークモードになった

対応作業

  1. styles.xmlcolors.xmlを別々に用意する
    • Light:res/values/*
    • Dark:res/values-night/*
    • 共通のものはLight側にまとめよう
  2. Darkの方には、夜間モードフォースダークを適用する(後述)
    • 2つの重ね掛けはできないらしい

夜間モード機能を使う

  • アプリを新規作成すると自動でTheme.AppCompat.Light系のテーマが適用されているが、Dark側のスタイルにはTheme.AppCompat.DayNightを適用する
res/values-night/themes.xml
<style name="AppTheme" parent="Theme.AppCompat.DayNight.NoActionBar" />

フォースダーク機能を使う

  • 各ビューを分析して自動でダークカラーに変えてくれる機能
  • 先述の開発者向けオプションを使った確認では、こちらがシミュレートされる
res/values-night/themes.xml
<style name="AppTheme" parent="Theme.AppCompat.Light.NoActionBar">
    <item name="android:forceDarkAllowed">true</item>
</style>
  • 自動で変えたくないビューには、AppTheme以外のstyleを用意して適用すればよい

Androidのダークモードサポートは色々手厚い!

  • より詳しく知りたい場合、こちらを参照

WebViewの場合は?


まとめ

  • ダークモードは目とバッテリーに優しく、集中できる!
  • iOSは2020/04まで(03末?)にダークモードを対応するか、一時しのぎでLightに固定しなければならない
    • まずは動かしてみないと修正規模がわからない
  • Androidはフォースダークで対応するのが手っ取り早そう

最後に大事なこと

  • ダークモード対応はエンジニアファーストで提案しよう!
    • 顧客やPMは、iOS SDKの事情でダークモード対応が必要なんて知る由もない
  • 工数削減のために、自動調整してくれるシステムカラーは最大限活用しよう!
    • 活用すれば、20画面あっても半日で終わるから怖くない(ヤバいAppは知りません)
  • デザイナーにも必要な情報を公開しよう!
    • 一言「ダークモード版の素材と指示書お願いします」で受けてくれるデザイナーは奇跡の存在です(個人の所感)

やっぱり言わせてください

面倒くせー!!!


参考

knagauchi
Android/iOSのアプリ開発をしています。株式会社ACCESSのSmart Device Specialistです。
https://nagauchi.net/
access
SDNからセンサ、家電、電子書籍まで。ACCESSはあらゆるレイヤのデバイス、サービスを「繋げて」いきます。
http://jp.access-company.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした