Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi, Jetson Nano向けオーディオ入出力ボードの作成(オーディオ入力ノイズ対策編)

引き続き前回作成したコーデックボードをRaspberry pi、Jetson Nanoへ接続し、検証していく。

オーディオ入力のノイズ

オーディオ入力の設計は出力に比べて難しく感じる。
Audacityでオーディオ入力をモニターモードにして、Raspberry piを操作したところ、大きなノイズが観測された。バイパスコンデンサーを大きくしても効果がない。

参考動画
IMAGE ALT TEXT HERE

グラウンド電位も含めたノイズが載っているのではないかと仮定し、いろいろ調べてみたところ、アイソレーターというチップがあるようだ。

ISO7641FM
データシートを見るとちょうど4本の信号線を分離してくれ、信号の方向も都合よく1本だけ反対を向いている。
image.png
これを使ってアイソレータ基盤を作ってみる。
2次側はGNDから完全に分離されるので、別途電源が必要になる。
コーデックボードは5Vと3.3Vを必要とするのでUSB5V入力で3.3vはレギュレータから生成させる。
サーバー認証用のチップを追加で積んでみた。
image.png

パターンデザインはGNDを分離させて作成した。
image.png

2段重ねでRaspberry piとの間に挟み込む。
image.png

効果は参考動画をアップした。
IMAGE ALT TEXT HERE

画面操作によるオーディオ入力へのノイズ飛びつきをなくすことができた。

kmitsu76
このサイトにおける掲載内容はあくまで私自身の見解であり、私の所属団体・企業における立場、戦略、意見を代表するものではありません。掲載内容は執筆時点の情報をもとにしており、必ずしも最新情報であるとは限りません。 できる限り正確を期すように心がけていますが、間違いがある可能性もあります。 その際はご指摘いただけると幸いです。 記載内容は自己責任のもとで実施ください。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away