Help us understand the problem. What is going on with this article?

YEOMAN + angularJSでヘッダメニューにactiveクラスを自動付与する

More than 3 years have passed since last update.

やりたいこと

ヘッダーのメニュー部分において、アクセスしているページに対応したハイライトを行いたい。

  • ルートにいるときはHomeがハイライトされる
    Homeのハイライト

  • AboutページにいるときはAboutがハイライトされる
    Aboutのハイライト

環境

  • YEOMANをいれたばっかり
    • angularJS
    • grunt
    • bower

流れ

  1. controllerにアクセスしているページのpathを取得
  2. 取得した文字列とメニューの内容が合致するかチェックし、合致するメニューのliタグにactiveクラスを付与

Controllerにアクセスしているページのpathを取得

controllers/main.js
angular.module('myApp')
  .controller('MainCtrl', function ($scope, $location) {
    $scope.isActive = function (viewLocation) {
         var active = (viewLocation === $location.path());
         return active;
    };
  });

$location.path()で今アクセスしているページのpathを取得できます。
もし、isActiveで投げた文字列とpathが合致していたら、trueが帰ってきます。

取得した文字列とメニューの内容が合致するかチェックし、合致するメニューのliタグにactiveクラスを付与

index.html
<ul class="nav navbar-nav" ng-controller="MainCtrl">
  <li ng-class="{ active: isActive('/') }"><a href="#/">Home</a></li>
  <li ng-class="{ active: isActive('/about') }"><a ng-href="#/about">About</a></li>
  <li ng-class="{ active: isActive('/contact') }"><a ng-href="#/">Contact</a></li>
</ul>

ng-controllerでMainCtrlを指定して、その中で先ほど記述したisActiveを呼び出します。
trueであれば、activeクラスがliタグに付与されます。

所感

今回は右も左も分からない状況だったので、MainCtrlに書いて操作していますが、タブメニューはウェブサイト全体に及ぶものなので、より正しい書くべき場所・書き方があると思います。(;´Д`)
MainCtrlにたくさん書くことになったら重く?なりそうだし...
やはりapp.jsに書くべきなのかな...

activeクラスを付与する方法が掲載されているサイトはたくさんあったのですが、とりあえずYEOMANいれたけどcontrollerって何〜〜〜から入ったので、そんな人のために投稿しました。

参考

How do I implement the bootstrap navbar active class with Angular JS - Stackoverflow

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away