Help us understand the problem. What is going on with this article?

[RHEL]/etc/pam.d/system-authにおけるpam_pwquality.soのオプション

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

仕事でちょっとpwquality.soのオプションを調べる機会があり、その中でドツボにハマったので備忘がてら記載します。

pam_pwquality.soとは

パスワードの強固さを検証するためのモジュール。
/etc/pam.d/system-auth/etc/pam.d/password-authの中でロードする。
(二つのファイルの違いは謎ですが、「system-auth>password-auth」の優先度があるみたいです(詳しくは宿題))
オプションは/etc/security/pwquality.confで指定することもできる。

(RHEL7マニュアル)
https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/security_guide/chap-hardening_your_system_with_tools_and_services

デフォルトの記載はこんな感じ。

password    requisite     pam_pwquality.so try_first_pass local_users_only retry=3 authtok_type=

特にハマったのが、「local_users_only」と「authtok_type」オプションの意味がなかなか見つからなかったことです。

調べ方と調べた内容

結論だけ言うと、man pam_pwqualityで調べるのが一番早いし楽でした。

(参考ページ)
https://www.unix-power.net/networking/post-742

以下、オプションについて調べた結果。

オプション 意味
local_users_only /etc/passwdに記載されているユーザのみをパスワード検証の対象にする
authtok_type パスワード変更時のプロンプトを指定("New UNIX password: "や"Retype UNIX password: "の"UNIX"の部分。指定が無ければ"UNIX"になる)
kkino1985
東京でインフラエンジニア(主にAWSとAzure)をやっています。 資格はAWS(CLP/SAA/SOA/DVA/SAP)、AZ-900、LinuC(Lv2)、応用技術者等。 自分が勉強したこと、新しく知ったこと、備忘などを書いていきます。 (開発経験は)ないです。 ・勉強中(メイン):AWS/Azure/Terraform(サブ):python/GCP/コンテナ
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした