Rails

RubyMineの設定・使い方

More than 1 year has passed since last update.

環境は次の通り。

RubyMine 7.0.4

OS X 10.10.2


設定


メモリの割り当てを増やす

Tuning RubyMineに従って、RubyMineの起動前に設定する。

デフォルトだとメモリの割り当てが少なめなため。

まず、/Applications/RubyMine.app/Contents/bin/rubymine.vmoptions~/Library/Preferences/RubyMineXX/rubymine.vmoptionsにコピーする。

$ cp /Applications/RubyMine.app/Contents/bin/rubymine.vmoptions ~/Library/Preferences/RubyMine2016.3/rubymine.vmoptions

その上で、~/Library/Preferences/RubyMineXX/rubymine.vmoptionsファイルの設定を変更する。


~/Library/Preferences/RubyMineXX/idea.vmoptions

-Xms1024m

-Xmx2048m
-XX:MaxPermSize=384m
-XX:+UseCompressedOops


カラースキーマの変更

Monokai Sublime Text 3にした。



  • ここからダウンロードする。

  • File > import settings でインポートする。

  • 再起動する。

  • Editor > General > Color & Fonts で選択する。


Editor で等幅フォントを使用する(Mac)

デフォルトの設定だと日本語フォントが等幅にならない。

そのため、



  • ここから Migu 1M フォントをダウンロードし、インストール(ダウンロード後、フォントファイルをダブルクリックでインストール)。

  • 環境設定 Preferences/Settings > Editor > Color & Fonts

  • Fonts > Font を開き、フォントセレクタから Migu 1M を選択、フォントサイズ: 14, 行間: 1.1に設定。


行番号を表示


  • Editor > General > Appearance > Show line numbers


改行コードをLFに設定


  • Editor > CodeStyle > Line separator (for new files)

  • Unix and OS X (\n)を選択する。


メモリインジケータ表示


  • Appearance

  • Windows Options Show memory indicator にチェックを入れる


プラグイン

プラグインのインストールは下記の通り。


  1. Preferences/Settings > Plugins にある Browse Repositories をクリック。

  2. インストールしたいプラグインを選択し、Download and Install する(要再起動)。


Markdown

Markdown 記法をサポートするプラグイン。

.md ファイルを開くと Editor 下部にタブ Preview が現れるので、どのように見えるか確認できる。


LiveEdit

Rails の erb ファイルや HTML ファイルの編集をブラウザ(Chrome)でリアルタイムに確認できるプラグイン。


準備


  • LiveEdit プラグインを Download and Install.

  • Chrome を開き、Preferences > 機能拡張を選択。


    • デベロッパーモードを ON にする。

    • "他の機能拡張を見る" をクリックし、"JetBrains IDE Support" をインストールし、有効にする。




使用方法


  • Rails の場合はアプリケーションを起動。

  • 編集対象ファイルを開き、View > Open in Browser でこれを表示する。

  • URL のドメインは localhost でないと動作しないため、0.0.0.0 等になっている場合は修正する。

  • View > Live Edit を ON にする。


Rubymineにrbenvを認識させる

Ruby Mineを導入することにした



  1. ln -s /Users/200082/.anyenv/envs/rbenv/bin/rbenv ~/.rbenvでシムリンクを貼る

  2. Rubyminで Tools > Create Command-Line Launcher でOK

  3. 開きたい railsプロジェクトのディレクトリ内でrubymine .で立ち上げる


Git

RubyMine で Git を使う

Preferences の Version Control の、Git 項目にある SSH executable を、Native にしておく。


使い方


ショートカット一覧


Rubymineを起動する


  • 開きたい railsプロジェクトのディレクトリ内でrubymine .で立ち上げる


ウィンドウの構成


モデルの E-R 図を閲覧する

Project パネル上で右クリックし、Diagrams > Show Diagram を選択。

Select Diagram Type ダイアログが表示されるので Rails Model Dependency Diagram を選択する。


RailsServer を起動する

RubyMine で RailsServer を起動したりデバッグしたりする方法



  1. control + option + rからEdit configurations


  2. +ボタンからRailsを追加


  3. control + option + rからrunで起動する


検索

コマンド
機能

command + f
ファイル内のインクリメンタルサーチ

command + shift + f
プロジェクト全体から探す

command + shift + o
ファイル名で検索

command + ↑
ナビゲーションバーを表示

command + shift + o
ファイルを検索

shift + shift
Search Everywhere

command + shift + fを使う際、CustomProject And Librariesを指定すると、Gemfile.lockに記載されているライブラリまで含めて検索するので便利。

スクリーンショット 2015-03-26 17.38.20.png


コマンドの実行

コマンド
機能

command + shift + A
コマンドの実行


移動

コマンド
機能

command + b
コードジャンプ

command + [
コードジャンプ元に戻る

command + shift + [
タブ移動

command + l
行を指定して移動

command + G
find next

F12
サイドツールウィンドウに移動


編集

コマンド
機能

command + delete
行を削除

shift + enter
改行

command + shift + F7
カーソル下の単語を検索。Highlight Usages in File

alt + delete
前の単語を削除

fn + option + delete
後ろの単語を削除

command + d
行をコピー


ターミナル

https://www.jetbrains.com/ruby/help/working-with-embedded-local-terminal.html

コマンド
機能

option + F12
ターミナル起動


run

コマンド
機能

control + shift + r
runコマンド


generate

コマンド
機能

command + option + g
generateコマンド


git

コマンド
機能

command + 9
git status

command + d
git status画面で行うと、git diff

command + k
git commit

control + v
git push

command + t
git pull

control + v
git checkout


自作

作り方: IntelliJのキーマクロで少し幸せに

コマンド
機能

command + w
単語移動

command + shift + w
単語後ろ移動


マルチカーソル

What’s Mining: Multiple Cursors and Selection

コマンド
機能

Alt + mouse click
マルチカーソルをセットする

control + command + g
同じものを全選択

control + g
同じものを1つずつ選択


Rspec

コマンド
機能

command + F12
specファイルを開いた状態で実行すると、テストの構造を表示する


参考