Posted at

メモ: Route 53 で Privacy Protection がなかなか有効にならないときには、ドメインのロックを有効にして Don't hide にしてから hide にするといいよ

More than 1 year has passed since last update.

Amazon Route 53で汎用JPドメインを申請してみた

の方法を参考にしつつ、自分も Privacy Protection を有効化しました。

とても些細なハマりどころなのですが、

1 日ほど待っても WHOIS 情報が自分の住所のまま、ということがありました。

ワークアラウンドで解決したのでやり方を書いておきます。


1. Privacy Protection を有効化するにはドメインのロックが必要


連絡先情報を非表示にできるのは、移管できないようにドメインがロックされている場合のみです。ドメインを Amazon Route 53 に移管する場合または から移管する場合は、WHOIS クエリでお客様の連絡先情報が表示されるように、プライバシー保護を無効にする必要があります。移管が完了したらプライバシー保護を再度有効にすることができます。


http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/Route53/latest/DeveloperGuide/domain-privacy-protection.html

わすれがちです。ドメインのロックを有効にしましょう。

Registered Domains > ドメインを選択 > Transfer lock で (enable) をクリックすると有効になります。


2. ドメインのロックと Privacy Protection を有効にする順番

ここが私の躓きのポイントでした。

ドメインのロックを有効化しても、その前に既に Privacy Protection が有効化されている状態だと、自動的に WHOIS 情報は更新されることはないようです。

一度 Privacy Protection を無効にしてから有効にすることで強制的に更新する、というワークアラウンドが必要になります。

つまり


  1. ドメインのロックを有効化

  2. Privacy Protection を無効化 (Edit contacts からラジオボタンを Don't hide contact information と選んで Save)

  3. (無効化処理が完了するまで数十秒ほど待つ)

  4. Privacy Protection を有効化 (Edit concats からラジオボタンを Hide contact information if ... と選んで Save)

という手順になります。

ここに気が付かないと「おかしいな、ちゃんと有効化にしてるのにな〜、すぐには反映されないのかな〜」と何度も Edit contacts したり、何時間か反映を待ってみたり、無駄な時間を過ごす羽目になります……。