Help us understand the problem. What is going on with this article?

M5StickC のジャイロセンサー (MPU6886) を使って ワイヤレススピーカーシステム Sonos を操作してみた。

はじめに

M5Stack Advent Calendar 2019 17 日目の記事「M5Stack / M5StickC で Sonos を操作してみた。」の発展形になります。

SONOS Japan User Group に他の記事もあるので参考になります。

やったこと

M5StickC のボタン操作で「曲の巻き戻し」「音楽再生の一時停止・再開」「曲の先送り」を行なっていましたが、M5StickC に搭載されているジャイロセンサー「MPU6886」を使用して M5StickC の回転操作でも「曲の巻き戻し」「曲の先送り」を行えるようにしました。

動画

スクリーンショット 2020-01-12 15.53.33.png

ジャイロセンサー (MPU6886) の動作確認

まずは簡単なコードを書いてジャイロセンサー (MPU6886) の動作を確認します。
Arduino IDE のシリアルプロッタの機能を使用してセンター値を見える化 (グラフ化) します。
M5StickC を動かしながらそれぞれの値がどのように変化するか観察します。
今回の場合は Y 軸ジャイロセンサー値 (gyroY) が ± 50.0 以上 (左回転の場合は -50.0以下、右回転の場合は +50.0以上) に変化した場合をトリガーにしました。
最初、加速度センサー値 (Accel) を使用する予定でしたが、 M5StickC の傾きに応じて加速度センサー値が変化するので、M5StickC の取り扱いを間違う (縦や横に置く) とセンサー値が変化して曲が変わってしまうため、今回の場合は不都合でした。

(ジャイロセンサー値の変化)
getGyroData.png

(加速度センサー値の変化)
getAccelData.png

M5StickC_MPU6886.ino
#include <M5StickC.h>

float gyroX, gyroY, gyroZ;  // ジャイロデータ取得 →回転(左90 0/-50/0, 右90 0/50/0)
float ax, ay, az;  // 加速度データ取得 →傾き(X/Y/Z: 正 0/0/1, 左90 1/0/0, 右90 -1/0/0, 上90 0/-1/0, 下90 0/1/0)

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  M5.begin();
  M5.MPU6886.Init();
}
void loop() {
  M5.MPU6886.getGyroData(&gyroX, &gyroY, &gyroZ);
  M5.MPU6886.getAccelData(&ax, &ay, &az);
  M5.Lcd.setCursor(0, 30);

  M5.Lcd.printf("X:%7.2f\nY:%7.2f\nZ:%7.2f mg", gyroX * M5.MPU6886.gRes, gyroY * M5.MPU6886.gRes, gyroZ * M5.MPU6886.gRes);
  Serial.printf("%7.2f,%7.2f,%7.2f\n", gyroX * M5.MPU6886.gRes, gyroY * M5.MPU6886.gRes, gyroZ * M5.MPU6886.gRes);
  M5.Lcd.printf("X:%7.2f\nY:%7.2f\nZ:%7.2f mg", ax , ay , az );
  Serial.printf("%7.2f,%7.2f,%7.2f\n", ax , ay , az);

  delay(50);
}

ソースコード

こちら です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした