Help us understand the problem. What is going on with this article?

AZ-103:Microsoft Azure Administratorを受験し合格した

はじめに

前回、AZ-900:Microsoft Azure Fundamentalsを受験し合格した に加え、さらにAzureの理解を深めたいと思い、AZ-103を受験。
AZ-103はMCP試験体系の以下赤枠に位置付けする試験です。

スクリーンショット 2019-10-22 15.24.11.png
↑抜粋:Microsoft Training and Certifications:Role-based poster

本試験はAZ-900同様、勉強するもAWS資格と異なり、やはり参考書がパッと見つからず、何を元にAzureを習得するのが良いかまたも迷子になったため、個人的に参考まで勉強したこと、そして受験後の所感を記載します。

これから受験される方の助けになれば幸いです。

試験

※1 試験場所についてPeasonVue試験会場は全国に存在しますがAZ-103は全国で受験できない状態のようです。最寄りの試験会場で受験できるか確認することをお勧めします
※2 日本語ページは意味が崩れている箇所があるため、英語ページも必ず目を通すことをお勧めします

試験概要

公式のFAQを参考にして抜粋します。

  • 試験名: AZ-103:Microsoft Azure Administrator
  • 問題数: 40-60
  • 合格ボーダー: 700
  • 試験時間: 180分
  • 試験言語: 日本語
  • 出題形式: こちらを参照

出題範囲

  • 公式ページから出題範囲が記載されている通りです。こちらの試験説明文を見ても、広範囲な設問内容に対して具体的にAzureでどう実現するかを試験する形です。
    前回受験したAZ-900とは異なり概念レベルの理解では不十分で、Powershell、CLI、ポータルを使った具体的な操作まで理解していることが問われます。
この試験の受験者は、ストレージ、セキュリティ、ネットワーキング、コンピューティング Cloud機能にまたがる Cloud サービスを管理する Azure 管理者です。
受験者は、ITライフサイクルの各サービスに精通しており、インフラストラクチャ サービス、アプリケーション、および環境の依頼を受けます。
適切なリソースのプロビジョニング、サイズ設定、監視、調整と同様、最適なパフォーマンスおよび規模で使用するサービスを推奨します。

この試験の受験者は、PowerShell、Command Line Interface、Azure Portal、ARM テンプレート、オペレーティング システム、仮想化、Cloud インフラストラクチャ、ストレージ構造、およびネットワーキングに習熟している必要があります。

また、上記でポイントした公式ページの出題範囲(日本語訳)では機械翻訳が微妙で意図が全く違うため、日本語ページに違和感を感じたら英語に切り替えることが必要です。

  • 例)仮想マシン(VM)のデプロイと管理 に 「VMをデプロイする」 という項目があるが、英訳ではRedeploy VMsであり理解ポイントが全然ちがう
    • VMをRedeployすることによりVMが配備されるホストが変更されるため、更新メンテを回避できるとかそういう視点

勉強方法

出題範囲からキーワードを抽出しながら関連ドキュメントを中心に読み込み、実機に触れての理解が中心となります。以下を実施しました。

  • Azure公式ドキュメント
    • 概要・概念・リファレンスから仕様を理解
    • サービスのSLAやSKUによる機能差異、制限は必死に覚え込む
    • クイックスタート・チュートリアル・ハウツーガイドから実機操作を実施
  • Azure Learn
    • クレジットカード不要で無料の実環境が触れるサンドボックスを提供してくれ実機を通した学習できる e-learning。試験対策として内容は微妙ですがとっつきの理解で有用。
  • Azure公式ブログ
    • 公式ドキュメントの情報を補足する形で読み込む
  • AZ-100、101の過去試験問題(AZ-100、101を統合したものがAZ-103のため実施)
    • 問題形式が上記出題形式に沿っており有効。ただし不備多数(明らかな誤答、回答未記載)であり要注意
      • 自ら答えを導き出しやり抜くことに時間がかかる

受験後の所感

9月末に1回受験し不合格となりましたが2回目で合格(スコア800超)できました。
1回目の敗因は実装方法まで正確に理解できていなかったためでした。。資格を取得して実務でスキルを使うことを想定した場合、個人的には概念の理解は必要にしても実装方法に関しては公式ドキュメントから参照すれば良いと思っていました。また、他試験のAZ-900やAWSソリューションアーキテクトアソシエイトも概念レベルまでしか問われなかったので勝手に勘違いしてしまいました。ホント出題範囲の読み込みが足りなかったです。

そしてAzureの実務経験ありでも利用サービスは偏るため、本試験の広い出題範囲では実装方法まで理解することはさすがに勉強しないと難しいと感じます。ひたすら実機で自分に覚え込ませるしかないと感じました。

こうした経験を得て、じっくりと公式ドキュメント主体で学習することが必要な資格ですが、広範囲な知識と実装スキルが得られる試験と感じましたので、みなさんもぜひAzureのスキルアップを目的に受験を検討してみてください。

以上です。

kita-atsushi
クラウドインフラがすき!
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした