GoogleChrome
GoogleDrive

GoogleDriveのファイルをドメインが異なるオーナー権限の変更について

GoogleDriveではドメインが異なるアカウントへのオーナー権限の譲渡ができない

自身がオーナーのファイルをドメインが異なるアカウントに共有しようとすると、

00.png
01.png
02.png

「オーナー権限を xxx@sample.zzz に譲渡できません。
オーナー権限は、現在のオーナーと同じドメイン内の他のユーザーのみに譲渡できます。」

と言われてしまい、オーナー権限の譲渡は行えない。

さすが、Googleセキュリティがしっかりしてます。

解決法をgoogleに問い合わせたところ

オーナー権限の譲渡はできません
オーナーの譲渡はできませんが、ローカルにデータをバックアップし、
そのデータをGoogleDriveにアップロードすることはできる」そうです。

オーナー権限の譲渡はできません
ということなので、バックアップの方法をまとめておきます。

ファイルのバックアップ方法

0.まずgoogleChromeでGoogleDriveを開きます。
000.png

1.ファイルをダウンロード
フォルダ・ファイルを右クリックし、ダウンロードすると、zipファイルで保存されます。
03.png

2.ファイルの解凍
zipファイルを展開してください
ドキュメントやスプレッドシートなどの拡張子は、
マイクロソフトオフィスの形式.docx .xlsx .pptxで保存されます。
04.png

3.譲り受けたかったオーナーでファイルをアップロード
Chromeをお使いの場合は、ドラッグ・アンド・ドロップで復元可能です。
05.png

以上です。

この方法のデメリット

マイクロソフトの形式に変換されているため、ドキュメント、スプレッドシート、スライドのようにそのまま開くことができません。下記のようになります。
06.png
こんな感じになります

他の方法について

マイクロソフトオフィスの形式にしない方法はCopy Folderをご活用ください。
Copy Folderを使うことで、ローカルの容量を使うこと無くバックアップが取ることができます。