JavaScript
WebGL
three.js
VR
panorama

【Three.js】360°パノラマ 動画プレイヤーの作り方(PCブラウザのみ)

More than 3 years have passed since last update.


概要

昨今、VRブームに押されてFacebookやYouTubeで360°パノラマ動画の投稿が可能になったり、THETA Sやその他、360°撮影可能な新しいカメラが続々出るなど、360°パノラマ動画を取り巻く環境が大きく変わってきています。

そういった状況の中で、今回はThree.jsで360°の動画プレイヤーを作ったので、そのつくり方をご紹介します。

とは言っても、難しい話ではなく、以下の記事にあるコードのテクスチャの静止画の部分を動画に変えただけであります。

なので、下記の記事のコードの一部を修正します。



ただ、注意事項として動画テクスチャを使う場合、HTML5のvideoタグを利用しているのでスマホで開いても、動画は再生されません。(ここはいづれ何とかする)

今回の修正で対応した項目は以下のとおりです。



  • 動画プレイヤー(ChromeとFirefox)


コードは全て公開しますが、Three.jsの細かい部分の説明はしません。

最後にデモとGithubのリンクを用意してますので、そちらを参考にしてください。


Three.jsと必要なライブラリを読み込む

Three.jsの公式サイトからファイル一式をダウンロードしてきて、その中から以下の2つのファイルを使います。



  • Three.min.js

  • OrbitControls.js


PCのマウスぐりぐり操作用に「OrbitControls.js」を使います。

テクスチャを変えるだけなので、動画を再生するためのライブラリは特に必要ありません。

「OrbitControls.js」は「/examples/js/controls」にあります。

これらと一緒に、メインのプログラムを書く「main.js」を作って、「index.html」で以下のように読み込みます。


index.html

<div id="stage"></div>

<script src="three.min.js"></script>
//PC操作用
<script src="OrbitControls.js"></script>
//メイン
<script src="main.js"></script>



メインのプログラム

「main.js」に以下のコードを書きました。

geometryの球体はそのままで、meshの部分で球体に貼付けるマテリアルのテクスチャを変えています。videoタグを生成して、動画を読み込み、テクスチャとしています。

最後の方にvidplay()という関数があります。下記のリンクからデモを観ていただければわかるのですが、ただ動画だけ再生されて、停止ボタンも何も無かったら味気なかったので、動画のカスタムボタンを設置して、JSで再生・停止を制御できるようにしました。

それ以外は特に味付けはしていません。動画テクスチャの部分も公式にあったコードをそのまま持ってきています。


main.js


(function(){

var width = window.innerWidth,
height = window.innerHeight;

var button;

//scene

var scene = new THREE.Scene();

//mesh

var geometry = new THREE.SphereGeometry( 5, 60, 40 );
geometry.scale( - 1, 1, 1 );

//動画

var video = document.createElement( 'video' );
video.width = 640;
video.height = 360;
video.autoplay = true;
video.loop = true;
video.src = "test.MP4";

var texture = new THREE.VideoTexture( video );
texture.minFilter = THREE.LinearFilter;

var material = new THREE.MeshBasicMaterial( { map : texture } );

//静止画

/*var material = new THREE.MeshBasicMaterial( {
map: THREE.ImageUtils.loadTexture( 'test.jpg' )
} );*/

sphere = new THREE.Mesh( geometry, material );

scene.add( sphere );

//camera

var camera = new THREE.PerspectiveCamera(75, width / height, 1, 1000);
camera.position.set(0,0,0.1);
camera.lookAt(sphere.position);

//helper

var axis = new THREE.AxisHelper(1000);
axis.position.set(0,0,0);
scene.add(axis);

//render

var renderer = new THREE.WebGLRenderer();
renderer.setSize(width,height);
renderer.setClearColor({color: 0x000000});
document.getElementById('stage').appendChild(renderer.domElement);
renderer.render(scene,camera);

//control

var controls = new THREE.OrbitControls(camera, renderer.domElement);

function render(){
requestAnimationFrame(render);
window.addEventListener( 'resize', onWindowResize, false );
renderer.render(scene,camera);

button = document.getElementById("play");
button.addEventListener( 'click', vidplay, false );

controls.update();
}
render();
function onWindowResize() {
camera.aspect = window.innerWidth / window.innerHeight;
camera.updateProjectionMatrix();
renderer.setSize( window.innerWidth, window.innerHeight );
}

function vidplay() {
if (video.paused) {
video.play();
button.textContent = "||";
button.style.backgroundColor = "#F26964";
} else {
video.pause();
button.textContent = ">";
button.style.backgroundColor = "#1253A4";
}
}

})();



デモ

DEMO

Movie_Panorama_Example.png

※ ChromeもしくはFirefoxでご覧ください

※ 環境によっては動画の再生が止まったり、重く感じることがあるかもしれませんが、予めご了承を

※ 動画素材はTHETA Sで撮影しました

サンプルの置き場はこちらです。

https://github.com/king-panda/movie_panorama


最後に

スマホでも再生できるようにしたいところです。動画をパラパラ漫画に変換して何とか。

個人的な感想ですが、今後もっと360°パノラマ動画の市場が拡大していけばいいなと思います。