Edited at

maxのきほんてきなobjectのメモ

More than 3 years have passed since last update.

公式ドキュメントを検索すれば、以下意外にもすごいいっぱいあるのですが、ざつに概観をつかむために、ハイパー初心者の私が書いたメモです。


UI


  • umenu : dropdownメニュー

  • key : キーボード入力をレポートする


object指向系


  • p,patcher : inletとoutletをつなげてやる。UIがなくてもいけるサブパッチはこれでやる。

  • bpatcher : UI付きのサブパッチを作れる。extrasメニューででてくるGlobalTransportとかへのリンクも貼り付けられる。うれしい。

  • inlet : pを作るときに引数になる

  • outlet : pを作るときに返り値になる


通信系


  • udpsend : oscなどで外部アプリと通信する

  • s,send : maxの中でrへ送る

  • r,recive : maxの中でsから受け取る


math系


  • > : 不等号

  • / : わりざん

  • expr,min,max,int,float,pow,avg,sin,cos,random : とか math系はいっぱいあるぽい

  • counter : 数を数えるときに使えるかんじ

  • zmap : map関数ににてる

  • scale : 数字を指定した範囲でscaleしてくれる

  • line : tweener感がある。start〜endまで何秒でいくみたいなのができる。


message系


  • set : messegeをsetする

  • prepend : messageを前方に追加する

  • apppend : messageを後方に追加する


  • $1,$2,$3 : メッセージを引数にして受け取る


  • #1,#2,#3 : bpatcherのargumentsの受け取り方

  • pack : 複数のmessageを結合する

  • unpack : 複数のmessageを空白文字列でsplitする

  • loadmess : パッチがロードされた瞬間にmessageを送る

  • trigger,t : メッセージを指定の型にフォーマットして、複数箇所に送れる


デバッグ系


  • print : consoleにmessageを出力する。print @popup 1と書くとlocalに出力する。


タイマー系


  • metro : メトロノームの機能。このヘルプに載ってるGlobalTransportとかいう機能が便利そう。

  • tempo : テンポの管理機能。

  • clock : setIntervalに似てる気がする

  • pipe : messagingをdelayさせる。機能豊富ぽい。コレとは別にふつうにdelayもある。


条件分岐系


  • gate : switch文に近い感じがする

  • sel,select : 左上から送られてきた値が一致してたら左下から信号おくる。そうじゃないときは右下から信号送る。

  • route : messageの中にある文字が含まれているかでルートを分岐してくれる


その他


  • プレゼンテーションモード : 右クリックした時にpresentationモードにしたときに隠すかどうか決めれる。

  • メニューバー -> Object -> Show on Lock, Hide on Lock : lockしたときに隠すかどうか決められる。